第6回「住みたい田舎ベストランキング」大発表! 6年連続でベスト3入りを果たした大分県の街とは?

『田舎暮らしの本』2月号(宝島社)

 

2018年1月4日(木)に発売された『田舎暮らしの本』2月号が、「2018年版 住みたい田舎ベストランキング」を発表。小さなまち・総合部門1位に北杜市が、大きなまち・総合部門1位に北九州市がランクインしたことがわかった。

 

2013年にスタートした「住みたい田舎ベストランキング」は、移住支援策、自然の豊かさ、医療、子育て、災害リスク、移住者数などを含む194項目のアンケートを実施し、田舎暮らしの魅力を数値化してランキング形式で紹介するというもの。国の「地方創生策」や地方自治体の「移住促進策」の盛り上がりを受け、同ランキングへの関心も高まっており、アンケートには前回を170以上も上回る過去最高の671市町村からの回答があった。

 

第6回目を迎える今回は、ランキング方法をリニューアル。「自然が豊かなところで田舎暮らしを楽しみたい人」と「都会の便利な暮らしも捨てがたい人」のニーズに応えるため、人口10万人未満の「小さなまちランキング」と、人口10万人以上の「大きなまちランキング」の2つのカテゴリーに分けてランキングが発表されている。また、世代によって異なるニーズがあることから全世代対象の【総合】ランキングのほか、【若者世代】【子育て世代】【シニア世代】の4部門に分け、それぞれの1位を決定。早速ランキングを発表しよう。

 

「小さなまち」総合1位は北杜市(山梨県)に!

自治体の首長が移住促進を公約に掲げる市町村は上位にランクインする傾向があり、「小さなまち」総合1位となった北杜市(山梨県)は、平成27年度から「若者応援プロジェクト」などの総合戦略を具体化。移住希望者の就労支援も行っており、年代別の移住者数は30代が最多という結果になった。

 

「小さなまち」若者世代部門1位は臼杵市(大分県)

 

「小さなまち」子育て世代部門1位は常陸太田市(茨城県)

 

「小さなまち」シニア世代部門1位は辰野町(長野県)

 

「大きなまち」総合1位は北九州市(福岡県)に!

北九州市は「生涯活躍のまち」としてモデルエリアを選定。2年後に65歳以上の人口がピークを迎える同市は、若者・子育て世代だけでなく、車がなくても暮らせる医療施設も充実した住宅地を整えるなど、シニア世代の移住も積極的にサポートしていることが今回の1位に繋がった。北九州市はシニア世代部門でも1位を獲得している。

 

「大きなまち」若者世代部門1位は栃木市(栃木県)

 

「大きなまち」子育て世代部門1位は糸島市(福岡県)

 

ランキングが細分化されたことにより、前年以上に各自治体の取り組みや実績、世代別の住みやすさが反映された結果に。ちなみに、豊後高田市(大分県)は、同ランキングの第1回から6年連続でベスト3入りを果たしている。

 

漠然と「田舎に移住をしたい」と考えている人は、同ランキングを参考にしてみてはいかが?