秋田犬がコミュニケーションロボットに! 声や音に反応して甘えてくる子犬モデルが登場

 

秋田犬の子犬がモデルのペット型コミュニケーションロボット「なでなでワンちゃん 秋田犬 HACHI」が、2019年3月25日(月)に発売されました。

 

 

秋田犬は“大館犬”とも呼ばれていた秋田県原産の大型日本犬。祖先は「秋田またぎ」と呼ばれる人々が、シカ狩りやクマ狩りに用いた猟犬でした。1931年に“天然記念物”に指定されましたが、個体数が減少して希少な犬種となっています。渋谷の“忠犬ハチ公”などで有名な秋田犬は、2018年にロシアのフィギュアスケート選手・ザギトワさんへプレゼントされたことでも話題になりました。

 

同商品はおとなしくて人に忠実な秋田犬を模したぬいぐるみに、「なでる」動作や「人の声などの音」を感知するセンサーを複数搭載。高齢者の「大型犬が飼えなくてさみしい」という要望を受けて企画・開発された、新しい形のコミュニケーションロボットです。

 

 

2019年5月8日(水)より大館駅前にオープン予定の「秋田犬の里」で、同製品を販売予定。また秋田空港・大館能代空港・秋田駅・地元スーパー・ギフトショップなど、秋田県内全域での販売を計画しています。その他全国のカタログ通販・テレビ通販・高齢者福祉施設・おもちゃ売り場・フィギュアスケートの国際大会会場でも販売を予定。プレゼントにも最適な、秋田犬のコミュニケーションロボットをチェックしてみては?

 

■「なでなでワンちゃん 秋田犬 HACHI」
価格:8,800円(税込)
セット内容:なでなでワンちゃん 秋田犬HACHI 本体1個、取扱説明書1枚
サイズ:W430×H210×D260mm
重量:340g
発売日:2019年3月25日(月)
対象年齢:3歳~高齢者
安全基準:ST(玩具安全基準)
取り扱い場所:秋田県物産店、ハリカ大館・全国カタログ通信販売・介護用品店、他
電池:単4アルカリ乾電池2本(別売り)