「ごめん、愛してる」最終回で長瀬智也らが訪れていた海は、あの超有名ドラマのロケ地と同じ?

9月18日に最終回を迎えたドラマ「ごめん、愛してる」。TwitterなどSNS上には感動の声が続出し、視聴率も12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と同作品の最高記録を更新する結果となった。

 

今回はそんな最終回の中でも印象が強かった海のシーンのロケ地を紹介。長瀬智也演じる律、吉岡里帆演じる凜華、坂口健太郎演じるサトルが訪れた綺麗な砂浜が続く海には、ネット上で「いつかこの海にいってみたい」「すごく素敵な場所」といった反響が。

 

どうやらこの海は、千葉県館山市にある「布良海岸」のよう。97年放送のドラマ「ビーチボーイズ」のロケ地として有名となった海岸で、いまだに「ビーチボーイズ」のファンが訪れていたりもするほど。

 

「ごめん、愛してる」放送中には、「布良海岸かな?」「まさかの海のシーンが地元。岩と砂浜の感じですぐ気づいた!」「ごめん愛してるのロケ地、千葉の館山だ!ビーチボーイズの舞台になった砂浜!」といった反応もあがっていた。

 

「ごめん、愛してる」によって再び「布良海岸」が注目されるようになるかも!?

今、あなたにオススメ