まさに人類の理想郷!? イギリスに“お布団”が発見され話題沸騰

 

人生の3分の1を過ごしているともいわれる「お布団」。入り込んで目を閉じると、1日の疲れが飛んでいきますよね。そんな「お布団」がなんと、イギリスで発見されたそう。一体どういうことなのでしょうか?

 

Twitterで上がっていたのは、イギリスの「Offton(オフトン)」という地名。この発見に対して、「どうしてお布団がイギリスに?」「俺たちが帰る場所はイギリスだったのか」「『オフトン』に住みたい。永住してもいい」「人類の理想郷がイギリスにあったとは…」とネット上で大反響を呼んでいます。また投稿の中には「どういう意味なんだろう?」「『オフトン』の風景とか、住み心地も知りたい…」「地名の由来が気になる」といった疑問も。

 

さらにイタリアで「Macra(マクラ)」という場所が発見され、「枕まであるのか!」「イギリスとイタリアを股にかけなきゃ…」「『オフトン』との距離が遠すぎる~」といったリプライが相次いでいました。なお、「長野県に『大休(おおやすみ)』があったよ」の投稿によって“オチ”がついたようです。

 

変わった地名が続出した今回の話題。「オフトン」を求めにイギリスへ出向かず、自宅の「お布団」で眠りましょうね。