月額1万円で世界中の別荘を使うことができる!? シェアリングサービス「hammosurfing “ハンモサーフィン”」登場

 

月額1万円で空き家や空きスペースなどを利活用できるシェアリングサービス「hammosurfing “ハンモサーフィン”」が、2019年2月21日(木)から開始されました。

 

同サービスの運営主体である「一般社団法人ハンモサーフィン協会」は、徳島県美馬市脇町にある“うだつの町並み”で2015年6月にスタート。地域における課題の一つである空き家や空きスペースの対策などに着目し、会員(以下「ハンモサーファー」)同士で共遊別荘・共遊スペースとして再生させて様々な用途で利活用する活動に取り組んできました。

 

共遊別荘・共遊スペースとして再生された拠点では、ハンモサーファー同士のコミュニティが誕生。情報ツール「ハンモサーフィンコネクト」を通して様々な情報を共有していきます。「ハンモサーフィンコネクト」はニュース、共遊別荘・共遊スペースの各拠点の様々なプロジェクトやイベント情報、物件オーナー募集情報などを発信。ハンモサーファー同士をソーシャルで繋げ、形や定義に捉われない自由なライフワークスタイル「ハンモライフ」を実現するコミュニティです。

 

現在「ハンモサーフィン」は、四国を中心に全国19拠点を展開し、海外ではアメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア・香港などの展開を予定。今後WEBプラットフォームを活用して日本中・世界中に共遊別荘・共遊スペースを限りなく広げることで、ハンモサーファーは月額1万円で世界中を旅をしながらリモートワークを実現することができます。

 

<ハンモサーファーができること>

・登録されている全ての共遊別荘の利用
・登録されている全ての共遊スペースの利用
・それら滞在・宿泊用途での利用
・それら事業用途での利用
・それらオフィス用途での利用
・それら学びの場での利用
・その他様々な用途での利用

 

月額1万円という価格は、ハンモサーファーの一親等(両親・配偶者・子ども)も含まれたもの。なのでハンモサーフィンに同行でき、例えば家族で旅をしながらリモートワークの実現も可能に。

 

現在はWEB系のプログラマーやエンジニア、デザイナー、カフェマスター、ネイリスト、エステティシャン、フォトグラファー、ライター、グラフィックデザイナー、漫画家、養蜂家、マジシャン、ミュージシャンなど様々な業界で活躍する個人・法人のハンモサーファーが在籍。ホストとしてスキルのシェアやプロジェクトの創出の場を提供することによって、ハンモサーファー同士で新たな繋がりや事業展開、ビジネスの拡大を作ることもできます。

 

共遊別荘・共遊スペースの利用用途は無限大。クリエイティブで多様な働き方、多様なライフスタイルを実現するハンモサーフィンライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。
「hammosurfing」公式サイト