小学校でのプログラミング学習対策に最適!?「IchigoJam(イチゴジャム)」ver1.3リリース!

 

子ども向けプログラミング教育ツールソフトウエア「IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)」のver1.3が、2019年1月25日(金)にリリースされました。

 

「IchigoJam BASIC」は、プログラミング学習用に開発されたOSです。LEDの点灯・消灯、テレビゲーム作りを1時間程度のワークショップで体験できるほか、はんだづけやブレッドボード上で組み立てる電子工作が楽しめます。

 

今回リリースされた「IchigoJam BASIC」ver1.3では、IoTプラットフォーム「sakura.io」を用いたデータのやり取りがより簡単にできるように。「sakura.io」とは、モノとネットワークでデータを送受信するためのシステムを一体で提供するIoTのプラットフォームのこと。

 

従来の「IchigoJam」では、「sakura.io」モジュールの仕様を把握してプログラミングする必要があった通信処理をコマンド1つで実現。また、「sakura.io」モジュールと「IchigoJam BASIC」を接続しやすくするための互換機「IchigoSoda」を使用することで、さらに簡単にIoTプログラミングを体験・利用できます。

IchigoSoda

 

2020年の「小学校でのプログラミング学習」必修化を受け、「IchigoJam」の生まれた福井県鯖江市では小学校のクラブ活動に「IchigoJam」を導入。プログラミングの可能性が広がる現代社会で、教育・成長の一助となることが期待されています。プログラミングを初める第1歩として、「IchigoJam」を体験してみてはいかがでしょうか?

 

■「IchigoJam(イチゴジャム)」
参考価格:1,500円(税抜)
CPU:NXP LPC1114 @ 48MHz
メモリ:4KB
プログラミング言語:IchigoJam BASIC
「IchigoJam」公式サイト