松下幸之助の「失敗を成功につなげる方法」! 新年のやる気を継続する金言とは【今日の名言】

 

大きさの差はあれど、多くの人が抱えている人生の悩み。先人の知恵を借りるのが解決への近道かもしれません。今回は、松下幸之助の名言をご紹介します。

 

●「失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続ければそれは成功となる」―松下幸之助

 

1月も半ばに差しかかって、「2019年からは〇〇をしよう!」と決めたことを諦めかけてはいませんか? そこでチェックしたいのがこちらの名言。一代でPanasonicを築き上げた凄腕の経営者として有名な松下ですが、人生では何度も失敗を繰り返しています。

 

例えば、工事の検査員であった松下は独立直後に「改良ソケット」を製造販売しようと試みます。しかし、大阪じゅうを駆けずり回っても十分な数は売れず、仲間の2人は離れていきました。松下の奥さんが何度も通った質屋の通帳が今でも残っており、苦しい時期を経験したことがうかがえます。

 

最終的には、昨年で100周年を迎える大企業を作り上げた松下。その姿勢を見習って、小さなことからでもトライし続けてみてください。