四国が「いきなりステーキ」に支配される!? 今年の検索急上昇ワードが納得&謎すぎる

 

流行語大賞や新語大賞など、今年を締めくくる「大賞」が発表され始めている。そんな中、
“前年と比べて検索数がもっとも急上昇した”ワードに贈られる「Yahoo! 検索大賞」も発表され、意外な言葉も注目を集めている。

 

まずは部門ごとに受賞ワードを見ていくと、「俳優部門」を受賞したのは「中村倫也」。「女優部門」は「花のち晴れ ~花男 Next Season~」で活躍した「今田美桜」が受賞した。「アスリート部門」が「羽生結弦」、「アニメ部門」が「ポプテピピック」など納得のラインナップが並ぶ中、“今年の顔”ともいえる「パーソンカテゴリー」の大賞を「King&Prince」が見事に射止める結果に。ちなみにキンプリは「アイドル部門」とのダブル受賞だ。

 

当然、キンプリファンからは「おめでとう!!」「もう完全にメジャーだね」という祝福の声が上がっているが「今年はキンプリ急に有名になったな」「キンプリ平野めっちゃ印象強いからな~」と、一般の人からも納得の声が相次いでいる。

 

今年5月にCDデビューを果たしたキンプリは、デビューシングルから2作連続の初週40万枚超えを記録。KAT-TUN以来となる史上2組目、12年3カ月ぶりの快挙となった。紅白出場も決定しており、まさに今年の顔といえそう。

 

また、北海道なら「カーリング女子」、宮城県なら「羽生結弦」というように、各都道府県ごとの賞も発表。この「ローカルカテゴリー」でキンプリ並みに話題をさらったのが「いきなりステーキ」だ。岐阜県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、大分県の6県で賞をゲットし、四国では徳島の「ゆめタウン徳島」以外は全て「いきなりステーキ」が受賞という事態になっている。

 

岐阜、香川、高知、大分では“今年県内初出店”が影響しての受賞だったのだが、愛媛の初出店は昨年11月。福岡に至っては初出店が2015年だったにもかかわらず、今年も県内に複数店舗をオープンしたことで検索が急増したよう。

 

「いきなりステーキが総なめしすぎでしょ」「四国は笑ってしまった」とこちらも話題。ちなみに、鳥取県の受賞ワードが「鳥取」だったため「シュールすぎる!」「鳥取だけエゴサしてるのウケる」と笑いを巻き起こしていたが、実は昨年も鳥取は「鳥取」が受賞している。

 

「ミュージシャン部門」に「安室奈美恵」、「流行語部門」で「大迫半端ないって」が選ばれるなど、今年をバッチリあらわした今回の発表。来年はどんな年になるのか期待しながら、他の部門もぜひチェックしてほしい。