「ザ・ローリング・ストーンズ」初の大規模世界巡回展がついに日本に上陸!

 

史上最強のロックバンドとして、50年以上にわたって活躍する「THE ROLLING STONES」。2018年11月26日(月)(いいベロの日)に、ストーンズの企画展「Exhibitionism―ザ・ローリング・ストーンズ展」が2019年3月に日本で開催されるというニュースが発表された。

 

バンド史上初の大規模企画展となる同展は、2016年4月にロンドンの現代美術専門ミュージアム「Saatchi Gallery」を皮切りにニューヨーク、シカゴ、ラスベガス、ナッシュビルで巡回をスタート。来年アジアへ初上陸し、3月15日(金)から日本で開催される。

 

バンドがプロデュースを手掛ける同展は、「THE ROLLING STONES」結成から55年にわたる歴史を振り返るアート、フィルム、楽器、機材、写真、衣装、パフォーマンス映像など貴重なアーカイヴによって構成。単なる展示に留まらず映像や音声体験もあり、臨場感をたっぷりと味わえる。展示数500点以上、世界5カ所の動員数は100万人を突破した音楽アーティストの企画展としては世界最大規模の展示会だ。

 

(C)GEKKO

 

製作発表記者会見には、ギタリストのChar、鮎川誠、ドラマーで女優のシシド・カフカが登壇した。2014年にストーンズのライブに足を運んだというシシド・カフカは、「コンサートを観て一時期チャーリー・ワッツに惚れ込んでいた」とコメント。Charは実家が会場の目と鼻の先だそうで、「近くなので毎日来るかもしれません。五反田を離れなくてよかった!」話して会場を沸かせた。

 

■「Exhibitionism―ザ・ローリング・ストーンズ展」
開催会場:TOC五反田メッセ
住所:東京都品川区西五反田6-6-19
開催期間:2019年3月15日(金)~5月6日(月)
【平日・土・祝前日】11:00~20:00 ※最終入館時間19:30まで
【日・祝日】11:00~18:00 ※最終入館時間17:30まで
「Exhibitionism―ザ・ローリング・ストーンズ展」公式サイト