10代の「1日あたりのSNS利用時間」は3年前から増加! 現代人のスマホ利用の実態

 

 

スマートフォンが普及し、SNSを利用する人が多くなった昨今。1日あたりのSNS利用時間はどのように変化しているのだろうか。株式会社ジャストシステムが、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年10月度)」の結果を発表したのでご紹介しよう。

 

まず今話題のスマホについて調査。今年10月に発表され、11月に発売が開始されたGoogle製スマホ「Google Pixel 3」について「知っていて、興味がある」人は16.3%に。一方、「知っているが、興味はない」人は13.2%という結果になった。発表からそれほど時間が経っていないにもかかわらず、「Google Pixel」は約3割の人が認知しているようだ。

 

続いて「スマホユーザーが日常的に情報収集に利用しているメディア」について調べたところ、「スマホからのインターネットやアプリ」(75.7%)が最多に。次いで「テレビ」(70.9%)、「パソコンからのインターネット」(63.3%)という結果になった。

 

スマートフォンでの情報収集方法は「インターネット」が最も多く83.3%。次いで「新聞社やテレビ局以外のニュースアプリ」(50.3%)、「SNSの投稿やニュースコンテンツ」(40.9%)がランクイン。

 

年代別に見ると、いずれの年代でも最も活用されているのは「インターネット」に。次に活用されているのは10代と20代が「SNSの投稿やニュースコンテンツ」(10代:70.6%、20代:55.3%)だったのに対して、30代以降は「新聞社やテレビ局以外のニュースアプリ」(30代:47.1%、40代:50.7%、50代:53.8%、60代:70.1%)ということがわかった。

 

ジャンル別に「1日あたりのアプリ平均利用時間」を聞いたところ、10代は「動画アプリ」が最も長く96.2分。次いで「SNSアプリ」(88.7分)、「ゲームアプリ」(83.5分)という結果になった。この3つともに、前回調査時(2015年12月度調査)より平均利用時間が増加。前回調査時には、10代の「動画アプリ」平均利用時間は58.1分、「SNSアプリ」は68.5分、「ゲームアプリ」は58.8分だった。

 

■「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年10月度)」
調査対象:17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:株式会社ジャストシステムがマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」でネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施