悟空、クリリン、亀仙人がこけしに!? アニメ「ドラゴンボール」とコラボした“こけし”が登場

(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション

こけし工房「卯三郎(うさぶろう)こけし」が、鳥山明原作のアニメ「ドラゴンボール」とコラボレーションした「ドラゴンボールこけし」を展開。8月23日(水)には、オンラインストア「ヒキダシストア」で先行予約の受付が開始されている。

 
 

“ドラゴンボールこけし”が登場!

(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション


(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション

悟空、クリリン、亀仙人の3人が、それぞれ木の温もりを感じるかわいらしい「こけし」になって登場。特徴的な髪の毛が再現され、木を削り出し立体的に作られた如意棒を背負った“悟空こけし”は、アニメ「孫悟空少年編」で着ていた山吹色の道着と黒帯のほか、胸の亀マークも丁寧に塗り分けて表現されている。

 

(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション


(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション


悟空と共に亀仙人のもとで修業を共にしてきた“クリリンこけし”は、クリリンらしい顔の表情や額の印もしっかりと再現。悟空こけしと同じく、胸に亀マークが描かれた山吹色の道着と黒帯も丁寧に塗り分けられている。

 

(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション


(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション


悟空やクリリンの師匠で武天老師こと亀仙人もこけしになって登場。トレードマークのサングラスとひげはもちろん、背中には甲羅を背負っているなど、細部まで丁寧に仕上げられたこだわりの逸品だ。

 
 

昭和25年創業の老舗こけし工房が製作
1950年(昭和25年)に創業したこけし工房「卯三郎こけし」。職人の丁寧な手仕事により、それぞれのこけしが個性を持った、手作りならではの温かみある風合いに仕上がっている。木目を活かしつつポップな色合いで表現した“ドラゴンボールこけし”は、インテリア雑貨としておススメ。

 

■「ドラゴンボールこけし」
種類:孫悟空、クリリン、亀仙人
生産地:群馬県北群馬郡榛東村
価格:各4,000円(税抜)
発売日:2017年10月下旬より順次お届け予定
発売元:株式会社ヒキダシ
著作権表記:(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション
「ヒキダシストア」公式サイト