2019年のお正月に「おせち」を食べる人は約7割! おせちを食べる人のうち4人に3人は「購入」していることが判明

楽天市場が、30代~60代の女性400名を対象に「2019年のお正月用おせち」に関する意識調査を実施。調査から、おせちの買い方や楽しみ方が多様化していることがわかったのでご紹介しよう。

 

まず「2019年のお正月におせちを購入したり、手作りする予定はあるか?」と聞いたところ、「ある」と答えた人は67.2%に。核家族化が進むにつれ、おせちを食べない世帯が増えたと思われがちだが約7割の家庭が「おせち料理を食べる」と回答している。

 

続いて「おせち料理を食べる」と答えた人に、「おせちを食べる理由」と質問。トップ3には「お正月気分が盛り上がるから」(57.6%)、「毎年の恒例行事だから」(56.9%)、「お正月の楽しみのひとつだから」(41.3%)という回答がランクインした。

 

また、おせち料理を楽しむ人たちに「どのような形でおせち料理を用意する予定」なのかを調査。その結果、「重箱入りおせち料理を購入」「単品のおせち料理を購入」という「購入派」が36.1%に。購入したおせち料理と手作りを組み合わせるという「組み合わせ派」は39.8%、「重箱に詰める料理すべてを手作りする」「何品か手作りする」という「手作り派」は24.1%。昔は手作りしていたおせち料理だが、4人に3人がおせち料理の購入を予定している実態が明らかになった。

 

次に「過去おせち料理を購入したことがある」という229人を対象に「購入場所」を聞いたところ、最も多かったのは「スーパーマーケット」で52.0%。以下「百貨店やデパート」(35.4%)、「ネット通販」(31.0%)が続いた。特徴的なのは、やはり「ネット通販」。ネット通販専門のおせち料理店も増加しており、現代社会の象徴的な結果になったようだ。

 

■調査概要
調査対象者:30代から60代の女性・計400人(各年代100人)
調査期間:2018年9月22日(土)~24日(月)
調査元:楽天市場
調査方法:インターネット調査