寿司デートを楽しみたい芸能人といえば? 男性回答は新垣結衣が2冠を達成!

株式会社京樽が20~59歳の男女1,000人を対象に、今回で4回目となる「すしに関する調査」を実施(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)。“すしジョ”が昨年より大幅に増えている結果が明らかになった。

 

同調査では、「すしを月1回以上食べる人」を“すしメン・すしジョ”と定義。今回の調査では、すしメン率は33.8%、すしジョ率は37.6%だったことが判明した。性年代別にみると、男女とも20代(男性44.0%、女性49.6%)が最も多い結果に。また2017年の調査結果と比べると、20代男性は11.2ポイント増(32.8%→44.0%)、20代女性は12.0ポイント増(37.6%→49.6%)。20代のすしメン・すしジョ率が大幅に伸びているようだ。

 

続いて、「すしランチ(昼食にすしを食べに行くこと)の経験があるか?」を聞いたところ、「ある」は63.5%という結果に。男女別にみると「ある」の割合は女性が68.2%で、男性(58.8%)と比べて9.4ポイント高くなった。また昨年の調査結果と比べると、すしランチ経験率は5.4ポイントアップ(58.1%→63.5%)している。

 

次に、すしに関する様々なテーマを提示して「それぞれのイメージに合う有名人」を調査。まず「回転寿司店でのカジュアルな“すしデート”をしたい有名人」を聞いたところ、男性回答は1位「新垣結衣」、2位「石原さとみ」、3位「綾瀬はるか」、4位「有村架純」、5位「吉岡里帆」といったランキングに。女性回答は1位「竹内涼真」、2位「菅田将暉」、3位「佐藤健」、4位「松坂桃李」、5位「明石家さんま」という順位になった。

 

続いて「個人経営店での大人な“すしデート”をしたいと思う有名人」を聞いたところ、男性回答は1位「新垣結衣」、2位「石原さとみ」、3位「深田恭子」、4位「綾瀬はるか」「北川景子」という順位に。カジュアルな“すしデート”とは違い、深田恭子や北川景子など大人の魅力を感じる女性芸能人がランクインしている。

 

一方、女性回答は、1位「竹野内豊」、2位「舘ひろし」、3位「福山雅治」、4位「斎藤工」、5位「西島秀俊」という結果に。落ち着いたデートを楽しめそうな、ダンディな男性芸能人が上位になった。

 

■すしに関する調査2018
調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする20~59歳の男女
調査期間:2018年9月22日(土)~9月25日(火)
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1,000名
実施機関:ネットエイジア株式会社
※京樽調べ