「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」の空間を体験できる展覧会!「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」日本初開催決定

キービジュアル
(C)Disney

2018年8月1日(水)から8月20日(月)にかけて、「松屋銀座」で「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 ~ミッキーマウスから続く、未来への物語~」が開催される。

 

ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する資料を収集・保存する米国「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」。そこには、才能豊かな人々のイマジネーションによって生み出された作品に関する貴重な資料と、作品に込められた情熱やエピソードが集まっている。

 

同展は、アーカイブスの中に入ったかのような体験ができる日本初のイベント。展示されるのは、ウォルト・ディズニー・アーカイブスの数千点におよぶコスチュームや小道具、膨大なコレクションから厳選された、日本初公開を含む約420点の貴重なアイテムたち。

 

今年スクリーンデビューから90周年を迎える、ミッキーマウスにまつわる特別なアートやグッズ、ディテールまで再現されたウォルト・ディズニーの仕事部屋を展示。また「美女と野獣」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「アリス・イン・ワンダーランド」など映画作品で実際に使用された本物の衣裳の数々も見ることができる。

 

<ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念した特別なアートや往年のグッズを特別展示>

(C)Disney

ウォルト・ディズニー・アーカイブスのロビーにある 巨大なショーケースを再現

 

(C)Disney

ジョン・ヘンチ画 ミッキーマウスのポートレート(1953年)

 

<ディズニーの歴史に触れることができるリサーチルーム>

(C)Disney

「ファンタジア」をテーマにアニメーターズ・デスクを紹介

 

<誰もが知るディズニー作品の美しい衣裳や小道具>

(C)Disney

「美女と野獣」ダンスシーンに実際に使用された美しい衣裳と表情に注目のキャラクター・モデル

 

(C)Disney

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ジョニー・デップのアイデアが詰まった衣裳と小道具

 

(C)Disney

「ホーンテッド・マンション」有名なヒッチ・ハイクする3人のゴースト

 

<細部まで再現したウォルト・ディズニーの仕事部屋>

(C)Disney

ウォルト・ディズニーが在りし日に使用した仕事場を細部にわたって再現

 

<展覧会限定グッズ>
また、同展から初登場する商品200種類以上をはじめ、ファッション・インテリア雑貨・文具類など、オリジナル限定グッズが多数登場する。

(C)Disney

ぬいぐるみ(左から、Plane Crazy/Vintage Style/Fantasia/Fun and Fancy Free/Modern Style)各1,620円、陶器製HAPPINESS FIGURE【展覧会限定カラーパールホワイト】950円

 

(C)Disney

復刻絵本マグカップ 各1,296円(全3種)、キーチェーン(シルエットロゴ)1,080円、トートバッグ(フルカラーロゴ)1,944円

 

<クリエイタークラフト商品>

(C)Disney

箔飾和紙カード(ミッキーマウス)各540円、Lightネックレス 各8,100円(全5色)、Kento Hashiguchi shopper bag S 23,220円

 

■「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 ~ミッキーマウスから続く、未来への物語~」
会期:2018年8月1日(水)~8月20日(月) 20日間会期中無休
入場時間:10:00~20:00 ※入場は閉場の30分前まで ※最終日は17:00閉場 ※8月5日(日)、12日(日)、19日(日)は10:00~19:30
会場:松屋銀座8階 イベントスクエア
主催:ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 東京会場実行委員会
協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン
入場料:一般1,500円(1,300円)、高大生1,200円(1,000円)、中学生から3歳まで800円(700円)、2歳以下無料 すべて税込 ※()は前売り料金。
詳しくはコチラまで