九州男児は涙もろい!? 泣かない県ランキング1位は「三重県」に

メディプラス研究所の「オフラボ」が、全国14万人を対象に行った「ココロの体力測定」から“涙”についての項目を集計。気になる結果が発表されたので紹介しよう。

 

<ストレスレベルが低い人ほど泣く回数が増加>

 

まず「ストレスの度合いと泣く頻度」について調査し、厚生労働省「ストレスチェック」の基準で高ストレス者~低ストレス者を算出。ストレスレベル別の「泣く回数平均」を見ると、男女ともに低ストレスなほど泣く回数が多くなる傾向に。この結果から、泣くことがストレスオフの要因になっていると予想できる。

 

<月1回も「泣かない」男性は5割以上>

1カ月に「泣く回数」の平均を見てみると、男性の52.5%が「月に1度も泣かない」と回答。女性の回答26.7%の2倍近くにのぼった。

 

年齢層別の泣く回数では、働き盛りの30代から40代前半の男性が月に「0.9回」。女性は全年齢層で月2回以上泣いているが、30歳前後から40代が最も低い「2.0回」と答えている。

 

<大人の男性が「泣くべきでない」シーンとは?>

次に「大人の男性が泣くことについてどう思うか」を30~40代に絞ってシーン別に検証。「許されないと思う」の第1位は「仕事で失敗した時」で、これは全年齢層で同様の結果に。また、失敗した時だけでなく「仕事で成功した時」も泣くことは許されないと考える人が多く男性10.2%、女性7.2%になった。逆に「許されると思う」は、「試合で負けた時・買った時」「選手と一緒にもらい泣き」などスポーツに関するシーンが占めている。

 

<泣く男性は「人間性豊かだと思う」「優しい」>

 

「泣く男性を見てどう思うか」を質問すると、「人間性豊かだと思う」が男性40.5%、女性41.4%でトップ。次いで「優しいと思う」が男性26.5%、女性31.2%で、「女々しい」や「精神的に弱い」を大きく上回る傾向に。

 

<泣かない県ランキング発表。九州男児は意外にも…!?>

 

最後に、「泣くことはほとんどない」の回答を各都道府県別に集計。泣かない県ランキングをまとめたところ、泣かない男性が多い都道府県は、第1位「三重県」(57.6%)、第2位「愛知県」(56.1%)、第3位「神奈川県」(56.1%)という結果に。一方、亭主関白なイメージの九州男児が軒並み下位に結果となった。

 

■「ココロの体力測定2018」
方法:インターネット調査
期間:SCR調査 2018年3月7日~3月17日
対象:全国、20~69歳、14万人(男女各7万人)
項目:15問 分析データについて|厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して点数化
集計データについて:集計したデータを県・年齢を実際の人口でウエイト修正を行い活用

 

本調査
調査期間:2018年4月7日~20日
サンプル数:1,857人
対象:全国、20~69歳 男性:690人(20代:19人、30代:100人、40代:241人、50代:255人、60代:75人)、女性:1,167人(20代:125人、30代:393人、40代:423人、50代:171人、60代:55人)