「トイレで汗拭きシート」「涼しい休憩室にこもる」… 働く男女が職場でこっそりやっているニオイケア

株式会社マンダムが、「働く男女の“自分の汗やニオイ”に関する調査」を実施。結果が発表されたので早速ご紹介しよう。

 

<「汗臭ケア」を行う時間帯は「朝>昼>夕方>夜」という結果に!>

 

まず「汗臭ケア」をどの時間帯に行うか質問したところ、「朝」が54%でトップに。実施率は「朝>昼>夕方>夜」の順で高くなることがわかった。一日の汗のニオイを予防するためには朝のケアが大切。実際の実施率も高く、働く男女の意識の高さが垣間見えた。

 

<直塗りデオドラント(ロールオン・クリーム)は女性が男性の3倍の使用率>

 

時間帯毎に行っている「アイテムを用いた汗臭ケア」を聞いたところ、女性はロールオン・クリームなどの「直塗りデオドラント」が「朝」最も使用率の高いアイテムに。また、「昼」以降においては男女共に「汗ふきシート」、「制汗スプレー」が高い結果となった。「夜」は女性の「衣類用消臭スプレー」の使用率が男性と比較して高い数値となっており、女性の衣類に対するニオイケア意識の高さがうかがえる。

 

<職場でこっそりやっているニオイケアは人それぞれのようす>

 

「職場でこっそりやっているニオイケア」を具体的に質問。その結果、「トイレで汗拭きシートを使う」「電話で打ち合わせをするふりをしながら涼しい休憩室にこもる」「余計に動かないようにしている」といった回答が寄せられた。

 

■調査概要
時期:2018年3月
エリア:東京、大阪
対象:20~59歳の働く男女 1,032名(男性516名、女性516名)
方法:インターネット調査