「カラスを吊るす」「田んぼの端っこは手作業」“実家が農家芸人”のあるあるに共感の声続出!

7月8日放送の「アメトーーク!」に、“実家が農家芸人”が集結。“農家あるある”に共感の声が続出している。

 

実家が米と野菜農家だというアンガールズ・田中卓志は“毎日朝ごはんに鶏の卵”と語り、ハイキングウォーキング・鈴木Q太郎は“田んぼの端っこは機械が回らないので手作業”などとトーク。「田植えの話めっちゃ分かる!」「完全に農家あるあるだな」と、農家経験者から共感の声が上がっていた。

 

特に注目を集めたのは、ガンバレルーヤ・よしこの“畑で死んでいたカラスを吊るす”という農家あるある。これには農家だけでなく、畑の多い地域に住む人からも「小学生の時怖くて泣いた!」「ウチのおばあちゃんもどっかからカラスの死骸もらってきたな~」と、懐かしむような意見が殺到している。

 

ちなみに、よしこが語った“田んぼで泳ぎの練習をした”という経験談には「さすがにそんなに深くないだろ!」「これは盛ってるでしょ!」と、農家ならではのツッコミも続出した。