死ぬまでに行きたい花火大会1位は「長岡まつり大花火大会」! 「花火旅行」の経験がある人は2.5人に1人という結果に

株式会社エアトリが、10代~70代の男女878名を対象に「花火旅行」に関する調査を実施。花火を見るために旅行へ出かける人は意外と多いことが判明した。

 

<花火を観るために1泊以上の旅行に行った事はありますか?>

 

まず「花火を観るために1泊以上の旅行に行った事があるか?」と聞いたところ、39.1%の人が「行ったことがある」と回答。さらに、国内だけでなく海外へ花火を観るために旅行したことがある人も4.6%いることがわかった。

 

<どれくらい前からホテルの予約をしていましたか?>

 

「花火を観るために1泊以上の旅行をしたことがある人」に、「どれくらい前からホテルの予約をしていたか?」を質問。その結果、「1カ月以上~2カ月未満」と回答した人が22.7%で最も多かった。一方「1週間未満」の人も13.4%いて、「半年以上」の人は11.4%いることが判明している。

 

<花火を観るために誰と日帰り旅行・宿泊旅行に行きたいか?>

 

「花火を観るために、一緒に日帰り旅行・宿泊旅行に行きたいのは誰か?」と聞いたところ、男女ともに「パートナー」(【日帰り】男性:59.8%、【日帰り】女性:40.8%、【宿泊】男性:69.0%、【宿泊】女性:50.8%)が最も多い結果に。「友人」と答えた人は男女で差が開き、男性が14.5%だったのに対し、女性は22.2ポイント上回る36.7%だった。また「ひとり」との回答者も一定数おり、男性は日帰り旅行で花火を観に行きたい人が11.0%もいることが明らかになった。

 

<死ぬまでに一度は行ってみたい花火大会を教えてください>(複数選択可)

 

「死ぬまでに一度は行ってみたい花火大会」を聞いたところ、1位は新潟県の「長岡まつり大花火大会」がランクイン。2位は僅差で秋田県の全国花火競技大会「大曲の花火」が選ばれ、3位は東京都の「隅田川花火大会」に。今年の夏にまだ予定がない人は、花火旅行へ出かけてみてはいかがだろうか。

 

■「花火旅行」に関するアンケート調査
調査対象:10代~70代の男女878名
調査期間:2018年6月14日(木)~6月17日(日)
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社エアトリ