キャッチコピーは“星から舞い降りたロック王子”「ニノさんSP」芸能人の黒歴史暴露企画で明かされたDAIGOの恥ずかしい過去

6月30日に放送された「ニノさんSP 赤面! 自分クイズ 人気芸能人の過去をニノがほじくり倒します」で、一流芸能人の“黒歴史”が公開された。MCの二宮和也をはじめ、出演者たちの恥ずかしい過去が次々と暴かれ、「凄まじい過去掘り返し企画だなぁ」「見てるこっちが恥ずかしくなるわwww」と反響の声が続出している。

 

番組では「自分は昔どんな発言をしていたのか」などを、出演者自身が過去の映像を振り返りながら答えるという二重に恥ずかしいクイズを展開。陣内智則は冒頭から「帰りたい!」と嘆くほどで、二宮も「今日は皆さん満遍なく傷つきます」と宣言するのだった。

 

そんな中、特に注目を集めていたのはロックバンド「BREAKERZ」として活躍する以前のDAIGO。インディーズ時代に「JZEIL」というバンドで活動経験のあるDAIGOは、薄い眉毛と金髪の出で立ちで反骨精神むき出しの尖ったスタイルを貫いていた。当時のライブ映像では、「みんなもっと俺たちに若い力をぶつけて、俺たちもぶつけて、早くみんなで俺たちとみんなの存在を社会に叩きつけてやろうぜ!」とエネルギッシュな発言も。

 

現在の柔らかい雰囲気からは想像できない姿を見せつけると、次に「DAIGO☆STARDUST」としてソロデビュー後の映像も公開された。「JZEIL」時代のDAIGOとは打って変わって、キャッチコピーは“星から舞い降りたロック王子”。「ぼくさぁ、緊急スペイシー会議があってさぁ、ちょっと星に帰ってたんだけど…」と、思いきり迷走したキャラクターを披露してスタジオの爆笑を誘った。

 

視聴者からも、「DAIGOヤバすぎるwww ここまでキャラ変が激しいとマジで黒歴史だよね」「昔の映像見ると、よく今はこんなに落ち着いたなってビックリだわ」「なんか今までの苦労が伺えるな…」「バンドマンで長く活躍してる人って結構昔とキャラ違う人多い気がする」「ひたすらに恥ずかしい映像の連続だったな。笑いが止まらなかった」といった声が続出。

 

また番組の後半でも“星から舞い降りたロック王子”が再び降臨して、陣内から「コイツまたきたんか」とツッコまれる。何度も公開される過去映像に、最後はDAIGOも苦笑いしかできなくなっていた。

 

芸能人は長く生き残っていくため、時にはキャラクターを変えて売り出すことも少なくない。「そういえば昔とキャラが違うかも」というようなタレントを探してみるのも面白いかも?