「迷惑かけてごめんな」 日本ではお馴染みの食材が世界に迷惑をかけていた!

6月6日放送の「水曜日のダウンタウン」で“世界の国に迷惑をかけている日本の在来種”が紹介され、「えええ…! 美味しいのに…!」「全く訳ワカメ…」と話題になっている。

 

同放送では、たむらけんじをプレゼンターに迎えて“日本の在来種も世界のどこかで迷惑かけてる説”を検証。その生物はアメリカやメキシコなど5カ国で繁殖し、ニュージーランドではほぼ全土に広がるほど被害が拡大しているのだという。

 

ニュージーランドでは「ジャパニーズ・インベージョン(日本からの侵略)」と呼ばれ、フランス出身の男性はその生物を「見た目が気持ち悪い」とコメント。海外から煙たがられているその生物の正体は、なんとワカメ。

 

この衝撃的な事実に、視聴者からは「ワカメが世界に迷惑かけてるとか意外!」「世界のハゲはワカメ食べないのか!?」「ワカメが迷惑かけてごめんな」といった声が上がっている。番組では説明がなかったが、ワカメが迷惑がられているのは食べる習慣のない海外で増えすぎているから。さらに、色々なモノに挟まったり詰まったりするのが問題なのだとか。

 

日本での生産量は減少傾向にあるワカメ。視聴者からは「迷惑なワカメを日本用に輸出したら良さそうな気もする」との声も上がっていた。