「すき家」のうな丼って誰が食べるの? 経済力自慢ともてはやされる「すき家」うな丼を食べるタイミングとは

ネット掲示板「5ちゃんねる」に、「友達とすき家に行ったらブチ切れそうになりながら帰宅した」というスレッドが立てられ話題となっている。

 

投稿者は、「友達がなんの前触れもなくうなぎゅう(1100円)頼みやがった。ワイは牛丼オシンコウセット(490円)。経済力自慢されたみたいで憎いんやが」と主張。「すき家」の公式サイトには「うな牛」890円と書かれているが、何にしろ「すき家」でうな丼を頼んだ友達に負けた気がしたらしい。

 

この投稿者はさらに、「ダブルスコアつける飯食うなんて完全に見下されてるわ」と悔しさを口にしている。するとネット上では、“そもそも「すき家」でうな丼を食べている人をあまり見たことがない”という声が続出。

 

そこで「すき家」でうな丼を食べる人の心境をSNSで探してみると、「バイト先の昇級試験に落ちたからすき家のうな丼食べにきた」「まだ自分へのご褒美は早いのに、すき家で特うな丼を頼んでしまったー!」「健康診断のあとは特盛うな丼! すき家だけどね」「あまりに惨めな気分なのですき家でうな丼特盛頼んでやった(謎の強がり)」といった声が上がっていた。

 

確かに「すき家」のうな丼は、自分へのご褒美だったり自分を慰めるときなど特別な日に食べるものなのかも。投稿者の意見には一部頷けるものがあるようだ。