アニメ「名探偵コナン」で、コナンがタダで貰っていたモノの価値がとてつもないと話題に!

7月29日に放送されたアニメ「名探偵コナン」の第868話で、コナンがとんでもなく高額なものをタダで貰っていた。

 

古書店を営んでいる65歳の男性・玉木裕次郎の手伝いをすることになった、コナン、光彦、元太、歩美、灰原の少年探偵団一同。手伝いが終わると、玉木は「お礼に店の中から好きな本を1冊ずつあげよう」と太っ腹なことを言い出す。

 

そこでコナンが見つけたのが「シャーロック・ホームズ」の初版本だった。これには視聴者から「激レアもんじゃねえか!」「ホームズの初版本とかすごいwww」「えー! そんなものがあるのかよ!」と驚きの声が上がり、コナンも「嘘だろ…」「高けえ…、さすがにこれをくれって言う訳にはいかねえよなぁ…」と、欲しそうにはするものの遠慮をする。

 

しかし物語最後では、少年探偵団ら全員がお目当ての本を玉木からプレゼントされ、コナンにはホームズの初版本が手渡された。これにはいつもクールなコナンもすっかり子どもの表情になり「本当にいいの!?」と大喜び。「こんな嬉しそうなコナンくん滅多に見られない!www」「誰よりも嬉しそうなコナンwww」と反響が上がっていた。

 

さてここで気になるのが、ホームズの初版本の価値。作中では明かされていないのだが、現実世界では大雑把に見積もって100万円前後はするとのこと。シリーズによっても値段の変動はあるが、「シャーロック・ホームズ・シリーズ」の「緋色の研究(A Study in Scarlet)」の初版本に関しては、2007年にニューヨークで開催されたオークションに出品されてなんと15万ドルで落札されている。ただ、「緋色の研究」の初版本は世界で11冊しか残っていないとも言われており、別格扱いではある。そしてコナンが貰っていたのは、「シャーロック・ホームズの冒険(Adventures of Sherlock Holmes)」のよう。

 

とはいえ、少しのお手伝いでとんでもないお宝を手に入れたコナン。これもコナンがモノの価値を知っていたからと考えると、知識は何よりの財産になる、というのは本当なのかもしれない。

今、あなたにオススメ