「楽天市場」と「Amazon」はどっちが人気?「ECサイトに関する調査」結果大発表

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティングが、直近3カ月以内にECサイトで商品を購入した500名を対象に「ECサイトに関する調査」を実施。結果が発表されたのでご紹介しよう。

 

<あなたが直近3カ月で購入したものについて、あてはまるものをすべてお答えください> ※複数回答

まず直近3カ月で購入したものを質問。その結果、最も多い回答は「洋服」35.7%、次いで「化粧品」29.6%、「文房具」23.1%という回答が続いた。

 

<あなたが直近3カ月で購入した、以下の商品の購入場所について、あてはまるものをそれぞれお答えください> ※複数回答

次に、直近3カ月で購入した商品の購入場所を調査。洋服、文房具、家電製品、家具・インテリア雑貨は「量販店・スーパー」で購入した人が最も多い結果に。バッグ、アクセサリーは「デパート・百貨店」、化粧品は「ドラッグストア」、時計・財布などのファッション雑貨は「ECサイト/アプリ」で購入した人が最も多いという結果になった。

 

<あなたがECサイトで商品を購入する頻度を教えてください>

ECサイトで商品を購入する頻度は「1カ月に1回程度」が最も多く、全体では36.6%。「1週間に1回程度」と回答した人は11.6%にのぼっている。また20代は15.0%、30代、40代は7.0%、50代は14.0%、60代以上は15.0%と年代によって購入頻度に差があることが判明した。

 

<あなたがECサイトで商品を購入する際に参考にする情報源をお答えください> ※複数回答

ECサイトで商品を購入する際に参考にする情報源は、「ECサイト・アプリ(Amazon、楽天Lohacoなど)」が85.4%で最も多い回答に。次いで「メーカーの公式ホームページ」58.8%、「比較サイト・アプリ/クチコミサイト・アプリ(価格.com、@コスメなど)」44.4%という結果になった。ECサイトで商品を購入する際は多くの人が複数のサイトを参考にしていることがわかり、「Twitter」や「Instagram」などのSNSは10%以下にとどまることが判明している。しかし20代は「Twitter」22.0%、「Instagram」16.0%で他年代より多い結果になった。

 

<あなたが普段「閲覧する」ECサイトについて、あてはまるものをすべてお答えください> ※複数回答

普段「閲覧するECサイト」、「お気に入りに入れているECサイト」、「購入時に利用するECサイト」をそれぞれ調査。閲覧、お気に入り、購入時ともに第1位は「楽天市場」で、次いで「Amazon」になった。「メーカー・ブランド公式通販サイト」は閲覧が70.4%に上るものの、購入時は33.6%となり、購入までには至っていない人が多いようだ。

 

<あなたは、普段いつECサイトを閲覧するかお答えください> ※複数回答

さらに「いつECサイトを閲覧するか」を質問。全体では「欲しい商品があるとき」が75.2%で最も多い結果に。そのほか、20代の59.0%が「寝る前」にECサイトを閲覧していることが判明。また、全体では「メルマガが来たとき」と回答した人も23.4%に上っている。とくに50代では30.0%の回答が集まっており、メルマガはサイト閲覧へつながるツールと言えそうだ。

 

■調査概要
調査方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
調査対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20歳以上の直近3カ月以内に、ECサイトで商品を購入した男女を対象に実施
有効回答数:500名(20代、30代、40代、50代、60代以上の男女:各50名)
調査実施日:2018年4月11日(水)~2018年4月13日(金)