旅行番組のイメージが強い芸能人といえば?「旅行好きが好きな旅行番組」アンケート結果大発表!

株式会社DeNAトラベルが、10代~70代のDeNAトラベル会員1,456名を対象に「旅行好きが好きな旅行番組」に関する調査を実施。結果が発表されたのでご紹介しよう。

 

<旅行系の番組をどれくらい見ますか?>
 最も多かった回答は「たまに見る」の39.7%。次に多い回答は「週に2~4番組」(28.6%)になった。「週に1番組」以上の頻度で見ている人は5割を超えており、TV番組の中でも旅行系の番組が人気コンテンツの1つだと判明している。

 

<好きな「地上波の旅行系番組」は?>(複数回答可)

 「日立 世界ふしぎ発見!」が43.8%でトップに。続いて「世界の果てまでイッテQ!」(40.9%)、「世界の村で発見! こんなところに日本人」(40.6%)といった人気番組がトップ3に輝いた。

 

<旅行番組のイメージが強い男性芸能人は?>

男性芸能人のトップ3は「出川哲朗」(10.7%)、「太川陽介」(9.8%)、「千原せいじ」(8.7%)という結果に。リアクション芸人として確固たる地位を築いている出川だが、「世界の果てまでイッテQ!」や「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」など旅番組の出演も多く、強いインパクトを残しているようだ。

 

2位に入った「太川陽介」は、2007年から2017年まで蛭子能収と一緒に出演していた「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」や「ぶらり途中下車の旅」など数多くの旅番組に出演しており、出川とは僅差で2位という結果に。

 

3位に入った「千原せいじ」は「世界の村で発見! こんなところに日本人」でレギュラー旅人としてアフリカ54カ国に住む日本人を訪ねる企画を行っており、そのイメージが強く残っている人が多いようす。

 

<旅行番組のイメージが強い女性芸能人は?>

女性芸能人は「イモトアヤコ」(34.8%)、「兼高かおる」(4.8%)、「田中律子」(3.0%)がトップ3という結果に。1位の「イモトアヤコ」は「世界の果てまでイッテQ!」の珍獣ハンターの企画で一躍注目を浴び、いままで同番組で100カ国以上を訪れている。3人に1人以上が旅行番組の女性芸能人といえばイモトと答えるほどイメージが浸透しているようだ。

 

2位に入ったのは「兼高かおる」。1959年から1990年まで30年以上も「兼高かおる世界の旅」にレポーターとして出演しており、世界150以上の国を訪れているため名前が挙がったのだろう。

 

3位の「田中律子」は、2015年から放送されている「路線バスで寄り道の旅」で徳光和夫とともにレギュラー出演しており、この番組の影響で旅番組のイメージがついているのかもしれない。

 

■「旅行好きが好きな旅行番組」に関するアンケート調査
調査対象:10代~70代の男女1,456名
調査期間:2018年4月5日(木)~4月8日(日)
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社DeNAトラベル