ベイビーレイズJAPANのストーリーが凄い! デビューしたフェス「アイドル横丁」で5年後に大トリ!

7月8日、9日に横浜赤レンガパークにて開催された「アイドル横丁夏まつり!! ~2017~」。ここで9日のトリを務めた「ベイビーレイズJAPAN」のステージが圧巻だったと話題になっている。

 

「アイドル横丁夏まつり!! ~2017~」は総勢約100組のアイドルグループが出演する野外フェス。アイドルがライブを行ったり、物販、チェキ撮影会などをしてイベントを盛り上げた。このフェスには社会現象にもなったアニメ『けものフレンズ』の出演声優で構成されたユニット「どうぶつビスケッツ×PPP」や「アップアップガールズ(仮)」「BiS」「AKB48 チーム8」「放課後プリンセス」など注目のアイドルが勢揃い。

 

その中でも2日目の大トリという大役を任された「ベイビーレイズJAPAN」のステージは際立っていたという。3rdシングル「JUMP」で勢いよく始まり、デビューシングル「ベイビーレイズ」で盛り上がりが最高潮に達したところで、締めはファンへの感謝の気持ちともとれる歌詞が印象的な「SMILE」。

 

この“神セトリ”にステージ鑑賞者からは「圧巻のパフォーマンス。感動をありがとう」「最後にSMILEって最高じゃないですか。みんな良い笑顔だったなぁ」「5年間で1番良いSMILEでした」「アイドル横丁のトリにふさわしい良いセトリだった」と絶賛の声が続出している。

 

実は「ベイビーレイズJAPAN」にとって「アイドル横丁」は特別なステージ。2012年5月に結成されたこのグループが初お披露目したのが、同年7月に新木場スタジオコーストにて開催された「アイドル横丁夏祭り!! ~2012~」だったのだ。

 

その後数々のフェスに出演してきた「ベイビーレイズJAPAN」だが、アイドルフェスのトリをかざるのはなんと今回の「アイドル横丁夏まつり!! ~2017~」が初だったという。初めて舞台に立ったフェスで、5年後にはそのフェスのトリとなるまで成長した姿にファンからは「なにこのストーリー、胸熱すぎません!?」「ベビレの軌跡は今年『アイドル横丁』に出演した全てのアイドルに希望を与えるな」といった声が。

 

メンバーの傳谷英里香もTwitterで「アイドル横丁。本当に、ありがとうございました。ここでベイビーレイズが始まり、5年の時を経て、トリを務めさせて頂けてすごく嬉しいです。感慨深いな。笑顔でみんなと楽しめて幸せでした! ありがとう」と想いを綴っている。今後の更なる活躍に注目していきたい。

今、あなたにオススメ