GWなのにディズニーランドがガラガラになる!? 絶対に知っておきたいマル秘情報

 

まもなく始まるゴールデンウィーク(GW)。多くの人がレジャー施設などを訪れて休みを謳歌するだろうが、毎年すさまじい混雑が発生して問題になっている。「わざわざ混んでいる日に旅行なんてしなくていいんじゃない?」という声もあがるが、実はGWこそ普段混む場所に行く絶好のタイミング。その理由を説明していこう。

 

結論からいうと、ねらい目はズバリGWの最終日。長期休みの最後の日は家でゆっくり休みたいという人が相当数いるようで、多くのレジャー施設などが休みにも関わらずガラガラになるというのだ。

 

2017年のGW最終日である5月7日(日)のSNSを見ると、「今日ディズニーシーがガラガラすぎて最高だった」「ディズニーランドでアトラクション16個を待ち時間全部30分以下で乗った! こんなに混んでないなんてびっくり」「ディズニーが平日並みに空いてるんですけどwww」「いまだかつて、日曜日のランチタイムの『ザンビーニ』(ディズニーシー内のレストラン)がこんなに空いていたことがあっただろうか、いや、記憶に無い。…っていうレベルの空き具合」といったように、ディズニーリゾートがガラガラに空いているという情報があがっていた。

 

もちろん「USJが平日並みか、平日よりも空いてるんだけど!」「家族で久しぶりのUSJ。GWなのにビックリするくらい空いてるー! 乗り放題な1日でした」と、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンもガラガラだったようす。

 

ちなみに5月4日や5日のGW中盤時期のSNSには、「今日ディズニーめっちゃ混んでるわ」「GWのディズニーランドは、やっぱり混んでる。。。」「ディズニー朝からずっと混んでる。混みすぎ。さすがGW笑笑」「くそ混んでるディズニーなう」など、混雑情報が多数上がっていた。

 

混雑をどうしても避けたい人は、今年のGW最終日である5月6日(日)に思い切ってレジャー施設にいってみるのも良いかも。次の日は仕事や学校で大変だろうが、その分たっぷりアトラクションなどを楽しめるはずだ!