「マンガは未来を見つける最強のツールだ!」 ホリエモンが選ぶ“人生観を変えるほど面白いマンガ”60冊

 

「マンガは未来を見つける最強のツールだ!」。マンガレビューサイト「HONZ」の主宰にして、マンガのキュレーターとしても活躍する堀江貴文が、マンガのオールタイム・ベスト60冊を紹介。『面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた』が2016年12月31日(土)に発売される。

 

同書では、稀代のマンガ・キュレーターである堀江が「人生観を変えるほど面白いマンガ」を厳選して紹介。「はじめに」にも書いているように、現代は「マンガ作家の想像によって生み出された知識が、現実で多くの人に受け入れられ、感動を呼び、未来をつくる知識になる」時代になっている。

 

堀江によると、そんな「遊びが仕事になる」時代において、マンガの果たす役割は大きいのだという。「そんなこと考えたこともなかった!」という人にとっては、同書で披露している堀江のマンガの選び方、読み方、考え方は刺激にあふれているはずだ。

 

例えば「CHAPTER1 『仕事はセンス』と教えてくれるマンガ」では、ラーメン業界にビジネスコンサルという視点から切り込んだマンガ『ラーメン発見伝』を紹介。かつてネット上で炎上した自身の「寿司屋に長い修業は必要ない」という自論へ展開している。

 

また「CHAPTER2 想像力は観察力だ。」では、『宇宙兄弟』の作中でネット上のバッシングが広がることのリアルな描写に、自身の経験を重ね涙する場面も。その他にも「“読書家”に負けない知識がつく、 実用マンガ」「栄光なき天才たちが社会を動かす。」など、堀江独自の切り口でマンガが紹介されている。中には、一つのCHAPTERを丸々使って自身のビジネスにも影響を与えたマンガや、9割の人には知られていない「超・掘り出し物」のマンガも登場。一体、どのようなマンガなのかは、同書で確認してみよう。

 

さらに巻末には、最注目のマンガ編集者・佐渡島庸平と「マンガの未来」についての対談も収録。こちらもマンガ好きにとっては見逃せない内容になっている。仕事のセンス、想像力と観察力、情報の扱い方、天才たちの人生、業界の真実…。マンガを“人生を面白くする最高のツール”として紹介しており、これを読めばもっとマンガを読みたくなるし、「読まなければいけない」と思うようになることだろう。

 

堀江貴文
実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。現在は、自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリ「TERIYAKI」「焼肉部」「755」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活躍。メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」は1万数千人の読者がいる。2014年、マンガのレビューサイト「マンガHONZ」をオープン。「レビューを通じて、新たな本との出会いを生み、ヒット作を生む」ための活動を展開している。

 

※掲載内容は変更になる場合があります。

今、あなたにオススメ