GWは自宅でゆっくりが多数派? 「ゴールデンウィークにしたいこと」アンケート結果発表!

DeNAトラベルは、10代~70代の男女1,364名を対象に「ゴールデンウィークにしたいこと」に関する調査を実施。その結果、海外旅行に行く人が多数派だということが明らかになった。

 

<今年のゴールデンウィークに合わせて有休を取る予定は?>

 

現在会社勤めをしている人に対し、「今年のゴールデンウィークに合わせて有休を取る予定があるか」と聞いたところ、「ある」と答えた人は24.4%という結果に。「ない」と答えた人は59.6%となり、有休を取らない人が半数以上を占めた。

 

<ゴールデンウィークの休日は?>

 

「4月28日(土)」は73.4%、「4月29日(日)」は84.3%という結果に。「5月3日(木・祝)」~「5月6日(日)」は80%以上の人が休みと答え、暦上の休日が休みという人が多いことが伺える。振替休日となる「4月30日(月・祝)」は66.1%と、他の日に比べて休める人が少なかった。平日に関しては「5月1日(火)」が33.6%、「5月2日(水)」が36.9%とそれぞれ約30%の人が休日になると答えている。

 

<ゴールデンウィークの合計休日数は?>

 

最も多かった回答は暦通りの「7日」で26.3%という結果に。以下は、「9日」(18.7%)、「6日」(14.3%)と続いた。休日数が6日以下の人は合計42.7%、7日以上の人は合計57.3%に。半数以上の人は、暦通りかそれ以上に休みを取る予定であることがわかる。

 

<ゴールデンウィークは最高何連休?>

 

最も多い回答は暦通りの「4連休」(40.0%)となった。次いで多かったのは平日2日間も休む「9連休」(19.8%)だったが、3番目に多かったのは「連休はない」(10.1%)という結果に。サービス業・接客業は稼ぎ時の時期ということもあり、人や仕事によって状況は全く異なるようだ。

 

<ゴールデンウィークに外出する予定は?>

 

「ある」と答えた人が63.8%という結果に。一方で、「ない」と答えた人は36.2%となり、3割以上の人が外出する予定がないことがわかった。

 


外出する予定がない人にその理由を聞いたところ、「混雑を避けたいから」(55.9%)が最も多い結果に。以下、「家で疲れを取りたいから」(32.0%)、「お金がないから」(25.3%)と続いている。

 

<ゴールデンウィークの過ごし方は?>(複数回答可)

 

最も回答が多かったのは、「ゆっくり休む」(27.3%)という結果に。長期で休めるチャンスということで、自宅で日頃の疲れを癒したい人が多いようだ。次に多かったのは「買い物」(26.8%)、「外食」(25.4%)と近場のお出かけが上位にランクイン。旅行に関しては「国内旅行(宿泊)」(19.0%)よりも、「海外旅行」(22.1%)のほうが多いことが分かった。長期休暇を利用して、普段行きづらい海外旅行に出かける人が多いことが明らかに。

 

<ゴールデンウィークに行きたいのはどこ?>(複数回答可)

 

どこに行きたいかの希望を聞いてみたところ、1位は「海外旅行」(43.8%)となった。2位は「温泉」(35.4%)、3位は「映画館」(12.0%)という結果に。ゴールデンウィークは元々映画業界が生み出した和製英語。今でも連休に合わせて人気作品が公開されており、それが理由で映画館に行く予定の人も多いようだ。

 

■「ゴールデンウィークにしたいこと」調査
調査対象:10代~70代の男女1,364名
調査期間:2018年3月20日(火)~3月23日(金)
調査方法:インターネット調査
調査機関:DeNAトラベル