女子旅は「1泊2日で行く2人組の国内旅行」が理想!? GW前に知っておきたいアンケート調査結果

ミュゼマーケティングが、ゴールデンウィーク前のいま「女子旅」に関するアンケートを実施。旅行に誘える女友達の数や旅行の頻度、理想のプランなどについての調査結果を発表したのでご紹介しよう。

 

女子旅は「1泊2日で行く、2人組の国内旅行」が理想のプラン
 一言で「旅行」といっても家族旅行や卒業旅行、一人旅など形態はさまざまで、旅の目的や楽しみ方でも変わってくる。まずは、20代~30代の女性に「誰と旅行に行くことが多いのか」を質問。その結果、一番多い回答は「女友達」(36%)だと判明した。

 

また、女子旅の理想プランは「2人組で国内を1泊2日」という結果に。「旅行の目的」で最も多かった回答は「グルメ」の28%で、「女子旅で行きたい旅行先」は国内、韓国、ハワイがランクインした。さらに「自分達のご褒美」として女子旅を計画する人は32%に。日頃の自分を労えるような女子旅に行きたいという女性心理がみえた。

旅行に誘える友達は平均2.9人 30代になるとその数は減少!?
「誰と旅行に行く?」という質問に36%が「女友達」と回答したが、実は年代別に見ると結果に大きな差が。20代で「女友達と行く」と答えたのは40%だったが、30代になると23%と約半分に激減。

 

続けて「気軽に旅行に誘える友達の数」を質問したところ、全体の平均は2.9人に。「4人以上」と回答した人の割合を年代別にみてみると、20代の約40%に対し、30代は約25%でこちらも年齢を重ねるごとに減少。女性の場合、結婚・出産適齢期を境目に女友達との関係性にも変化があるのかもしれない。

 

海外旅行に行ったことがない人は全体の30%
 「女子旅で行きたい旅行先」についての質問は、約半数が「海外」を選択。そこで「今までに海外旅行に行った回数」も調査したところ、全体では「0回」(30%)が一番多く、一度も海外に行ったことのない女性が多いことが判明した。

 

年代別で比較すると、20代の1位は「0回」(33%)だが、30代の1位は「3~5回」(25%)に。20代の頃より仕事が安定して経済的余裕ができた30代は、海外旅行に行く機会が増えるという背景があるのかもしれない。

 

また、大学の卒業旅行や社会人になって初めて海外に行く人が多いのか、20歳に限ると渡航歴のない人は46%で約半数だが、22歳では34%にまで減少していた。

 



■「女子旅」に関するアンケート
調査日:2018年2月26日(月)~2018年3月6日(火)
調査方法:インターネット調査
調査人数:2,153名
調査対象:全国20~39歳の女性
ミュゼマーケティング調べ