乃木坂46・生駒里奈が映画『銀魂』に対する想いを爆発! 「銀さん=杉田智和=小栗旬に見えた」と絶賛

アニメ・漫画好きで知られる乃木坂46・生駒里奈が、6月20日に公式ブログを更新。7月14日公開の映画『銀魂』に対する並々ならぬ思いを綴っている。

 

記事のタイトルは「映画銀魂の非公式応援団長生駒ちゃんです、とか言ってただの楽しみに待ってる人です。あくまで人です」。タイトルだけでも作品愛に溢れていることがわかる。

 

生駒はまず神楽を演じる橋本環奈をべた褒め。「まさかの橋本環奈さんがあんなに顔面を崩壊させてまで鼻ほじっている姿をみて、ファン的にはそこまでやらなくても! って思うくらいの崩壊具合。でも、かわいい」「いや〜、、、そこまでして頂いて本当にありがとうございます!!(誰目線)」と、いちファンとして感謝の意を綴る。

 

映画『銀魂』を「この夏の生き甲斐」とまで語る生駒は、まだまだ作品に対して愛ある言葉を投げかけていく。何度も映画の予告を見ていたところ、「段々と、私の中で銀さん=杉田智和さん=小栗旬さんって見えてきました」とのこと。この先に存在しているアニメを持ち上げつつ実写を誉めるという高等テクニックには「生駒ちゃんは優しいな」「基本はアニメが上って姿勢をサラッと感じるので生駒ちゃんはガチ(笑)」と称賛が。

 

そしてdTVで配信されるオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』についても、「新選組のドラマ観ないと登録しないと。山崎退が楽しみです。カバディなのかミントンなのか。楽しみです」と興奮しているようだった。

 

生駒の『銀魂』愛は確実にガチもので、3月6日に更新したブログでは、オフの日に完全プライベートで「銀魂華祭り2017(仮)」に参加したことを明かしている。この日は“お通ちゃん”こと寺門通のコールアンドレスポンスに答えるほど、本気のファンとして楽しんだそうで、「やぱり、作品を見るのもパワー貰えるけど、イベント行くと生で感じる銀魂の力が凄まじくて! 最高っっっ!!!」「びっくりするくらい全身で楽しめました」と作品愛が爆発。

 

生駒は『週刊少年ジャンプ』に関連した番組『特捜警察ジャンポリス』にレギュラー出演するなど、ビジネスとしても作品には関わっている。しかし作品を語るときには、「ヨイショしよう」なんて裏の思惑を一切感じない、純粋なファンの目線から言葉を綴ってるのがなんとも清々しい。