ベビーフードに対する母親たちの心象は? 全国の“ワ―ママ”に「離乳食に関する意識調査」実施

雪印ビーンスターク株式会社は、2017年10月27日(金)~10月31日(火)にかけてインターネット上で「離乳食に関する意識調査」を実施。離乳食を開始している生後5か月~12か月の子どもを持つ20~39歳の女性149人を対象に、ベビーフードの使用率などを調べた。

 

出産してから働いている母親に「仕事に復帰してから、育児で一番大変なことは何ですか?」と質問。すると最も多かった回答は「食事」の60%で、続く「掃除」の16%と大きく差をつけていた。

 

 理由としては、「栄養バランスを考えなければいけないから」と「月齢にあわせた献立を考えなければならないから」が上位に。次いで「時間がかかるから」という理由が多く上がっていて、働く母親の「仕事」と「育児」の両立の難しさが伺える。

 

 次に「仕事に復帰してから、市販のベビーフードに頼りたいと思う機会は増えましたか?」と訊ねたところ、「はい」の回答がなんと79%。

 

 実際にベビーフードを使用している人は74%に上り、使用率の高さが顕著に現れた。

 

使用している理由には「忙しいときにすぐ作れて便利」「夫に頼むときに使っている」「自分で作る時の参考になる」といったコメントが上がっている。働く母親にとって、ベビーフードは簡単に子どもの食事を用意できる“時短アイテム”として考えられているようす。女性の社会進出が加速し、限られた時間を効率的に使う必要がある働く母親にとって、ベビーフードはマストアイテムになりつつあるのかもしれない。

 

 また、ベビーフードを購入する際の優先順位もリサーチ。「市販のベビーフードを選ぶ際に最も重視するもの」を聞いたところ、最も多い回答が「栄養バランスが良さそうなこと」。続けて「対象月齢」、「素材(具材)の種類」という結果になった。

 

 ベビーフードの使用に関しては、与えることに抵抗がある人(「ある」、「ややある」と回答した人の合計)は39%。理由としては「保存料が気になるから」、「栄養が心配」、「できれば手作りの物をあげたいから」などで、ベビーフードに対する母親の複雑な気持ちが垣間見える。

 

<調査概要>
調査期間:2017年10月27日(金)~10月31日(火)
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:仕事に復帰していて、離乳食を開始している生後5か月~12か月の子どもを持つ20~39歳の女性
サンプル数:149人
※「雪印ビーンスターク株式会社」調べ