「週休3日制」を導入したい人は2人に1人以上! しかし「週休3日制」が認められている企業は11%のみ…

ディップ株式会社が運営する総合求人情報サイト「はたらこねっと」が、「はたらこねっとユーザーアンケート -週休3日制について-」を実施。「週休3日」を取得したい人が半数以上もいることが判明した。

 

<「週休3日」を取得したい人は58%>
まず「週休3日」を取得したいかどうか尋ねたところ、1,638名のうち58%が「取得したい」と回答。しかし、勤務先で「週休3日制」が認められているのはわずか11%という結果になった。

 

 

 

「週休3日制」については、「プライベートが充実しそう」「家族と過ごす日が増える」と歓迎する声がある一方、「休日が増えれば給料が減ってしまう」「1日あたりの勤務時間が増えて体力的にキツそう」と懸念する声も上がっている。

 

<メリットとして「休みが増える」「平日に役所や銀行に行きやすくなる」が共に16%で最多>
「週休3日制」に対するメリットとして、「休みが増える」「平日に役所や銀行へ行きやすくなる」が共に16%で最も多く、次いで「自分の時間が増える」が15%、「プライベートの時間が充実する」が11%と続く結果に。

 

 

一方、デメリットについては「稼働時間に伴い給料が減る可能性がある」が24%、次いで「1日が長時間勤務となるため体力面の不安がある」が17%という結果になった。また、「仕事量は変わらないため仕事が終わらなくなる」が13%、「短い稼働時間で週休2日と同じ成果を求められる」が12%など、任されている仕事や人材不足から余計に忙しくなりそうといった意見も多くの票を集めている。

 

 

<「週休3日制」になったら休日にやりたいことは?>
最後に、勤務先で「週休3日制」が導入されたら休日に何がしたいかを尋ねたところ、「家でゆっくりする」が20%で最も多く、次いで「趣味に時間を使う」17%、「家事をする」14%という結果に。週休2日制の際に実現できなかったことや、疲労回復に時間を使うという回答が上位に挙がっている。

 

 

働き方改革が進む昨今。週休3日制を導入する企業は増えるのだろうか。

 

■「はたらこねっとユーザーアンケート -週休3日制について-」
実施機関:ディップ株式会社
調査対象:はたらこねっとユーザー
実施時期:2017年10月9日(月)~2017年11月5日(日)
調査手法:インターネット調査
有効回答数:1,638
出典:「はたらこねっとユーザーアンケート -週休3日制について-」
⇒「はたらこねっと」公式サイト
⇒アンケート調査結果ページ