「全く想像してなかった」 藤原竜也・主演映画「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」の結末に驚きの声続出中

 

2017年6月10日(土)に映画「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」の公開がスタートした。同作を見たファンからは「絶対にネタバレは観ないで観て欲しい!」との未視聴者へのアドバイスが続出している。

 

同作は、5人の命を奪い未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が、事件から22年の時を経て突然みずから名乗り出る場面から始まる。自身の告白本を手に不敵な笑みを浮かべた曾根崎雅人という男の存在にネットは騒然。曾根崎は賛否両論を巻き起こしながら、その存在感と議論を巻き起こす行動の数々で一躍時の人となる。それこそ、日本中を巻き込んだ新たな事件(ゲーム)の始まりだった。

 

その確かな実力とインパクトで絶対的な支持を受ける藤原竜也が主演を務める同作。公開前から、「曾根崎の役柄が藤原竜也なのこれ以上ないほどベストキャスティングだと思う」「凶悪殺人犯役が藤原竜也なの最高に滾る」の声が続出。中には「なんかデスノの月くん思い出す」「犯罪者とそれを狩る側って違いはあるけど、倫理観ぶっ壊れててカリスマ性のありそうな犯罪者ってライトくんみたい」と藤原の代表作の一つでもある映画「DETH NOTE」シリーズの主人公・夜神月を思い浮かべる人も。

 

さっそく映画を観た人からは「本当に衝撃的な展開… 全く想像してなかった」「次元の違う面白さ」「まさかの結末すぎた! これは結末知らずに1回、結末知ってからもう1回の最低2回観たい」「ものすごくゾクゾクした」との声が続出。

 

また、同作の小説版である「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」が、物語のはじまりでもある曽根崎が劇中で出版する告白本「私が殺人犯です」と同じ装丁で発売中。数々の映画の小説・ノベライズ化が果たされている中、劇中に出てくる本のビジュアルを使ったものは希少となっている。さらに“ソネさま”の愛称で呼ばれ、人々を魅了する曾根崎のラインスタンプも登場。曾根崎の名言の数々をモチーフにしたラインスタンプで、あなたもソネさま気分を味わってみては?

 

■映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」
監督:入江悠
脚本:平田研也、入江悠
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」製作委員会
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/

今、あなたにオススメ