「3年間ずっとモヤモヤしてたよ!」衝撃のラストを描いた『BORDER』待望のスペシャルドラマ化にファン狂喜!

 

2014年に放送され多くのドラマファンを魅了したドラマ『BORDER』(テレビ朝日系)が3年ぶりにスペシャルドラマ『BORDER2 贖罪』として帰ってくることが発表された。前作のラストが意味深な終わり方をしていただけに、ファンからは「待ってたよ!」「何かあると思ってた。絶対見る!」と期待の声が上がっている。

 

『BORDER』は直木賞受賞作家・金城一紀と小栗旬が初めてタッグを組んだ連続ドラマ。小栗演じる“死者と対話できる”能力を持つ刑事・石川安吾が、無念の死を遂げた人々の声に耳を傾け、生と死、正義と法、情と非情の「BORDER(境界線)」で揺れ動きながら事件に立ち向かっていくという内容。

 

現実離れした独特の世界観と、小栗ほか、波瑠、古田新太、遠藤憲一、青木崇高といった豪華な豪華キャストの熱演が多くのファンを生み出し、2014年度の「ギャラクシー賞選奨」、「ギャラクシー賞2014年6月度 月間賞」、「2014年 東京ドラマアウォード 作品賞・優秀賞」といった数々の賞を受賞することに。

 

そしてなんといってもファンが興奮したのは最終話。「“悪”のためなら死ねる」という最悪の敵・安藤周夫(大森南朋)と、正義を体現する石川の対決が描かれたのだが、ビル屋上に追い詰めた石川はとうとう安藤の売り言葉に挑発され“最後の一線(BORDER)”を越えてしまった。我に返りビルの下を見るとそこには血を流した安藤の姿が。さらにここで死者となった安藤が登場し「こちらの世界へようこそ」と石川に言い放つ…。

 

この衝撃のラストにはファンも「ええー!! 最終回これ!?」「やばいやばいやばい、ゾクゾクが止まらない」「うそ、嘘だと言って」「悪になっちゃったの? 衝撃的過ぎて眠れそうにない」といった声が続出。「これで終わりとは思えない」といった声も上がっていた。

 

脚本の金城は最終回放送の後、プロデューサーから「あのあと石川はどうなったのか?」という質問を受け、ラストシーンから始まる石川の新たな物語を説明したという。プロデューサーも「時が満ちたら、必ず新しい石川の物語を作りましょう」と約束。

 

そしてついにこのたび『BORDER』が復活する運びとなったのだが、ファンからは「この3年間ずっとモヤモヤしてたよ! とうとう続きがみられるなんて嬉しい」「こんな朗報ないわ」「マジか! ラストシーンは本当に震え上がったのを覚えてる。これは本当に楽しみ」と大反響を呼んでいる。

 

放送日や内容など全容が謎に包まれている『BORDER2 贖罪』だが、小栗も「楽しみに待って頂いている方たちのためにも、一生懸命に向き合いたいと思います」と意気込みを語っているだけに見逃すわけにはいくまい。期待して続報を待とう。

 

■『BORDER2 贖罪』
放送日:2017年
放送局:テレビ朝日系
脚本:金城一紀
出演:小栗旬、青木崇高、波瑠、遠藤憲一、古田新太、滝藤賢一、野間口徹、浜野謙太
公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/border/

今、あなたにオススメ