たまちゃんがまる子にさり気なく毒舌!? 「ちびまる子ちゃん」最新話の名言トップ3

 

3月11日にアニメ「ちびまる子ちゃん」が放送された。まる子の子供とは思えない達観した台詞や怠け者すぎる台詞には大人でも思わず笑ってしまう。そこで今放送回の“名言トップ3”を紹介していこう!

 
 

3位 まる子
「あたしもお姉ちゃんも、あのお父さんとお母さんの間に生まれた子だよ? 無駄な努力ってもんだよ」
出典:『清水小町をめざせ!』の巻

 

洗濯ばさみで鼻を挟み、ちょっとでも鼻を高くしようと努力しているお姉ちゃん。するとまる子はその様子をあざ笑い、鼻が高くなった程度で自分たち姉妹は美人になれないと主張。「あたしもお姉ちゃんも、あのお父さんとお母さんの間に生まれた子だよ? 無駄な努力ってもんだよ」と自虐しながら語りかけた。

 

まる子の言葉にはナレーションも「いつになくまっとうなことを言うまる子なのであった」と共感し、ネット上では「悲しすぎるwww」「自分の運命を受け入れている小3……」と反響が起こることに。

 
 

2位 前田さん
「私をさらって虹のかなたへ連れてって」
出典:『春風のいたずら』の巻

 

強い春風が吹く日々が続く中で、「春風」という詩を書いたという前田さん。その詩には「春風にのってやって来た あなたは、私の王子様 笑顔のあなたも好きだけど ちょっぴりさびしそうな横顔が好き お願いだから私をさらって虹のかなたへ連れてって…」と書かれている。

 

これを見たまる子、たまちゃん、冬田さんはキュンキュンしたようで、ロマンチックだと前田さんを褒めたたえた。しかし視聴者からは「詩とか後で黒歴史になるよ前田さん」「誰かツッコめよ」「唐突な甘いポエムに爆笑した」といった声が。

 
 

1位 たまちゃん
「私は、まるちゃんは絶対に清水小町になれると思う。努力すれば!」
出典:『清水小町をめざせ!』の巻

 

おばあちゃんが若いころ“清水小町”と呼ばれていたことを思い出し、まる子も清水小町を目指すことに。しかしすぐに挫折してしまい、たまちゃんに弱音を吐く。するとたまちゃんは「そんなことないよ。まるちゃんだって努力すればなれると思うな」「私は、まるちゃんは絶対に清水小町になれると思う。努力すれば!」と語りかけた。

 

一見励ましているが、“努力すれば”の条件を絶対に外さないたまちゃん。ナレーションも「あくまでも『努力すれば』である」とツッコんで、ネット上でも「努力すればを強調するたまちゃんwww」「決して素材が良いとは言わないたまちゃんウケる」と笑い声が続出。