うすた京介と中村光によるコラボ漫画が配信され「確信した…うすた京介のツッコミキャラは強い!」と話題に

 

「少年ジャンプ+」にて、2016年12月9日(金)から12月10(土)の2日間に渡り、うすた京介と中村光によるコラボ漫画が配信された。読者からは早くも「確信した…うすた京介のツッコミキャラは強い!」と話題になっている。

 

同コラボは2016年12月9日(金)に、中村の『ブラックナイトパレード』1巻が発売されたことを記念して行われたもの。コラボ漫画の内容は、1つの話を12月9日(金)にうすた京介が、12月10(土)に中村が引き継ぐ形で描かれている。

 

うすたverでは『フードファイタータベル』のツッコミキャラ・腹田美味満が登場し、『ブラックナイトパレード』の黒いサンタと鉢合わせてしまう。黒いサンタは“悪い子”をサンタ袋で捕食するため、ターゲットである『ブラックナイトパレード』の主人公・三春の家の前で、屋台をだしながら待ち伏せしていたところだ。

 

しかし、腹田は黒いサンタを『フードファイタータベル』の主人公・神無食流と勘違いしたまま話が進行する。やがて腹田は三春と間違えられ危うく捕食されそうになるのだが、サンタ袋を神無の用意したプレゼントだと思い込んでいる腹田は「この年末の大変な時にまたわけのわかんないモノにお金使っちゃって…」「プレゼント買い直してきてよ!?」とツッコミをいれる。

 

これには読者からも「え…そんなんで黒いサンタ回避できるの?」「黒いサンタのほうが困ってるじゃん!」「うすた漫画のツッコミキャラ補正最強だな!」との反響が。三春も腹田と同じくツッコミキャラであるということで「三春はなんなく捕食されたのに、うすたのツッコミキャラは難なく回避したな」と比較する人もちらほら。

 

ちなみに中村verでは神無が登場し、おかわりの連続。三春がくるまでに客を帰さなければならない黒いサンタがたまらず店じまいしてしまうところまでが描かれた。うすたの漫画ではそんな神無を始め、『ピューと吹く! ジャガー』のジャガーさんなど、荒唐無稽なボケを繰り出すキャラが数多く登場する。それを捌ききるツッコミキャラは並大抵のことでは動じないのかもしれない。

 

今、あなたにオススメ