「崎陽軒のシウマイは?」「マクドナルドは?」 『新幹線で“551の豚まん”禁止かも』報道でネット騒然

 

3月13日、ビジネス情報サイト「ITmedia ビジネスオンライン」が“「551蓬莱の豚まん」が新幹線で食べられなくなる日”という記事を打ち出して大きな話題になっている。

 

記事内では、新大阪駅構内にある大阪名物「551蓬莱」の豚まんが、強烈なにおいが原因でいつか新幹線内で食べられなくなるかもしれないと提起。筆者は豚まん擁護派らしいが、過去に車内で「たこ焼き」を食べることが禁止になったことなどを踏まえると、豚まんが食べられなくなるのも時間の問題だと推測した。

 

これに対してネット上ではさまざまな意見が噴出。まずは「におうのは豚まんだけじゃない」という意見で、「酒臭いおじさんの方がよっぽど嫌」「酒だって、柿ピーだってお弁当だってにおうよ。同じ同じ」「体臭とか香水臭いのより全然マシ」といった声が出ている。中には、豚まんを禁止したらこれからどんどん厳しくエスカレートするだけと危惧する人も。

 

横浜名物の「崎陽軒のシウマイ弁当」はどうなるのかという意見も多い。定番の駅弁として長きにわたって多くの人に愛されている商品だが、こちらも豚まんと同じように強いにおいを放つため「551が禁止されたら崎陽軒もアウトじゃない?」「551の豚まんよりも崎陽軒のシウマイの方が隣で喰われるとにおうぞ」といった反響が起こった。また、駅弁ではないが「マクドナルド」のにおいも車内に充満してかなり強烈だと指摘する人もいる。

 

他には「のぞみが豚まん禁止になっても、ひかり・こだまならOKにすればどうか?」という斬新な意見も登場。これには「面白い! こだまでは車内で肉まんやたこ焼き売ったら乗車率上がるかも」と賛同する人や、ここから派生して、いっそ禁臭車両を作ってにおいが気になる人はそちらに乗ればいいと考える人や、飲食禁止車両を作ればいいと考える人なども現れることに。

 

日本ではにおいに敏感な人が増えてるようで、和歌山県のニュースを配信する「紀伊民報」によると、近畿大学が開発した養殖ブリ「におわないブリ」の料理が、県内の幼稚園などで試験的に給食で提供されたらしい。さらに今後は「におわないブリ」が本格的に導入される方針だとも。

 

果たしてどこまでにおいは規制されていくのだろうか。