高橋一生とバイきんぐ・小峠の私服が完全に一致? ファッションリーダー小峠説浮上

 

2月26日の写真週刊誌「FLASH」のWEB版が、高橋一生と森川葵の熱愛を報道。森川は高橋の留守中に合鍵を使って家を訪れているようで、相当親密な仲のようだ。

 

今をときめく2人の交際疑惑に、高橋ファンから「ショックすぎる!」「あー、生きる希望が無くなった」「急に無気力になってしまった」といった悲鳴があがり、森川ファンからは「森川葵好きすぎて高橋一生が羨ましい」「アラフォーで森川葵ちゃんと付き合えるとか最高だな……」「高橋一生が俺の森川葵をさらっていきやがった」など嫉妬の声が続出。

 

しかし今回話題になっているのは交際についてだけではない。「FLASH」では高橋の私服写真も掲載されていたのだが、これがかなり個性的だと話題に。高橋の私服は黒い帽子、黒い革ジャン、黒いズボン、そしてズボンからはメタルのチェーンが出ており、ロックな雰囲気が出ていた。するとこの服装が、バイキングの小峠英二の私服と似ているといった指摘があがっている。

 

確かに小峠も黒の帽子、革ジャン、黒いズボンといったコーディネートをすることが多い。小峠はパンクやロックが大好きだと公言しており、そのため服装もロックテイストになっているらしい。

 

ネット上では「高橋一生の私服、どこかで見たコーデだと思ったら小峠だった」「高橋一生の私服が完全に小峠」「ファッションリーダー小峠説」「浜ちゃんがファッションリーダーだったこともあるし、高橋一生が小峠を参考にしててもしょうがない」「マスクで顔がよくわからないし、これ高橋一生じゃなくて小峠なんじゃない?」と反響が起こっている。

 

ちなみに高橋はウェブニュースサイト「講談社 JOSEISHI.NET」で、自身のファッションのベースは10代の時にハマっていたスケートボードだと公言。そして洋服とはその人がどういう生活を送ってきたのか、どんなライフスタイルなのかを表すものだと答えていた。

 

高橋と小峠の2人はもしかしたら、同じような人生を過ごしてきたのかもしれない。