「山口智子さんのこと大好きなんだね」 木村拓哉がラジオで山口との撮影裏話を嬉しそうに語ってファンはニヤニヤ

 

2月22日に放送されたドラマ「BG~身辺警護人~」第6話で、木村拓哉と山口智子が22年ぶりに共演を果たした。この2人といえば「ロングバケーション」でのタッグが印象的だったが、今回の再共演について木村が23日放送の自身のラジオ番組「What’s海賊団 木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」で感想を口にしている。

 

「BG」内では、木村と山口は6年前に離婚した元夫婦という関係。木村は山口の現在の交際相手などを気にしているようで少し未練があるようにもみえるが、山口は木村に対して他人行儀で接していく。少し温度差のあるギクシャクした元夫婦という今回の役柄は、微妙な心境を視聴者に伝えねばならない難しい演技が要求されそうだ。

 

ラジオで木村は「ロングバケーション」から22年間、プライベートでも山口と会っていないと告白。スタジオであいさつを交わすことすらなかったらしいが、「BG」で再び顔を合わせると、山口は「22年じゃなくて22秒に感じる!」と感想を口にしたという。

 

木村は「僕も照れ臭くて、昔、役とはいえああいう間柄を演じた仲だったので。照れくさい感じはあったんですけど、山口さんの方から『ほら!』みたいな感じで、両手を広げてくださったので、久々の再会のハグをさせていただいた」と再会の様子を語った。

 

そして今回の共演では“やっぱり智ちゃんって、こういう人だったよな~”、“この感じ久々~”と懐かしみながら木村は演じていたよう。

 

山口との撮影裏話を聞いたリスナーからは「木村くんは山口智子さんのこと大好きなんだね。何か話し方も嬉しそう」「山口さんが好きっていうのが声で分かる」「山口さんのこと語るの楽しそう」「最初は山口さん呼びだったのに、自然と智ちゃん呼びになってる木村くん可愛いwww」「智ちゃんって呼ぶ関係性が素敵」といった反響が起こった。

 

「BG」第7話でも引き続き木村と山口が共演する。見逃せない展開になりそうだ!