「毒殺する気?」『名探偵コナンカフェ』のアポトキシンカレーにツッコミ続出! チョコ、キャンディ、ムース… アポトキシンはもはや食べ物!?

劇場版第22弾「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」の公開を記念し、「名探偵コナン」のカフェが全国でオープン。その個性的過ぎるメニューにファンから「これは笑うしかない」「公式が遊び過ぎているwww」「こんなん食べる人いるの? 俺はもちろん食べる!」と大反響が起こっている。

 

3月29日に東京・渋谷で開店し、その後順に全国各地で開催される予定の「名探偵コナンカフェ」。そのメニューとしてカレーとサラダがセットになった「灰原哀の博士想いプレート(マクロビドライカレープレート)」、パン、ベーコン、スクランブルエッグが乗った「パン職人が朝の喫茶ポアロで注文しなかったモーニングセット」、そして工藤新一が黒の組織に飲まされた毒薬“APTX4869(アポトキシン)”をモチーフにした「APTX4869カレー(アポトキシンカレー)」などが提供されるという。

 

すると毒薬をモチーフにしたメニューにネット上では「アポトキシンをカレーに入れちゃダメでしょ! 毒殺する気?」「これ食べても小さくならないよね!?」「いやいや、これはダメでしょ。でもめっちゃ食べたいwww」といった声が。

 

しかし実は“APTX4869”をモチーフにした商品はこれまでに何度も発売されている。「ヴィレッジヴァンガード」では「アポトキシン風トマトカレー」というレトルトカレーをはじめ、見た目が本当に危険そうな「APTX4869アポトキシン キャンディ」などを販売。

 

そして昨年開催された「名探偵コナンカフェ」では「APTX4869(アポトキシン)ムース~白乾児ソース付き~」というスイーツを提供していたことも。また、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」では“APTX4869”をモチーフにしたチョコを発売している。

 

 

 

なぜかやたらと食品になってしまう“APTX4869”。作中では取り扱い要注意な毒薬だが、現実世界ではみんなに愛される食べ物になっているのが面白い。