「勉強が下手な人のたった1つの特徴」 匿名投稿に賛否の声続出!

名前を隠して日記が書けるインターネットサイト「はてな匿名ダイアリー」に、「勉強が下手な人のたった1つの特徴」というタイトルの日記がアップされた。日記の中で投稿者はこの根拠を説明しており、これに対してネット上では賛否の声が上がっている。

 

“勉強が「下手」な人の特徴は「ささいなことにこだわりすぎる」こと”という投稿者は、続けて“こだわりすぎて無駄な時間を費やす”“無駄な時間を費やした結果、成果を上げられない”という持論を展開。

 

“無駄な時間”とは、「英単語が出てくる度に「なぜ『りんご』は『apple』というのか」を延々と繰り返す」「全体から見て重要ではないことや例外的なことに多くの時間を費やす」と説明していた。

 

これには賛成の声が続出し、「算数で『りんご3つと、みかん2つ、合わせていくつ?』という問題に対して『りんごとみかんは足せるの?』と返すみたいなことだね」「これはすごく重要なこと。どれだけ合理的な判断ができるかで勉強の質は変わる」「勉強だけじゃない。無駄な時間を無くすことは人生においても重要課題だと思う」という意見が。

 

しかし否定的な意見もあり、「言ってることは分かるけど、受験勉強に限った話。学問として行うのであれば、ひとつひとつの“なぜ”を徹底的に潰す覚悟が必要」「“生涯学習”と“受験や資格のための勉強”の違いを分かってない」「“丸暗記して余分な知識をつけない”より事柄の周辺知識まで覚えたほうがずっと定着しやすい」といった声も上がっている。

 

2016年5月に放送された「林先生が驚く初耳学!」では、林修が自身の勉強法を紹介していたが、その中で「人にとって頭に入りやすい方法がある」と語っていた。もしも現在の勉強法が合わないのであれば自分が分かりやすい形にまとめ直したり、合う方法をいろいろ試すのが良いらしい。

 

林の考えに基づくなら、投稿者の言う“ささいなこと”というのも人によって違うのかもしれない。誰だって時間を有効活用できればそれが1番かもしれないが、上手な勉強となると難しいものだ。