セブンイレブンのコーヒーが大人気!?「コンビニコーヒー」に関するアンケート調査結果大発表!

マイボイスコム株式会社が「コンビニコーヒー」に関するインターネット調査を実施し、10,955件の回答を集計。その調査結果が発表されたのでご紹介しよう。

 

<コンビニコーヒーの利用頻度、購入したコンビニエンスストア>

 

 

「直近1年間」にコンビニコーヒーを購入した人は、コンビニエンスストア利用者の6割、20代では5割弱も。「週1回以上」の購入者は2割強(直近1年間購入者の4割弱)で、男性の比率がやや高くなっている。

 

 

直近1年間にコンビニコーヒーを購入した人に「購入店舗」を聞いたところ、「セブンイレブン」が73.3%、「ローソン」「ファミリーマート」が各50%ほどという結果に。過去の調査と比べて「ローソン」が増加傾向にあり、四国では「ローソン」が60%強で1位になった。

 

<コンビニコーヒーの購入理由>
コンビニコーヒーの購入理由は、「価格が安い」「値段の割においしい」が直近1年間購入者の4~5割を占めた。また「缶コーヒーやペットボトル入りコーヒー等よりおいしい」「味が本格的」「できたてが飲める」「気軽に買える」「自動販売機のカップ入りコーヒーよりおいしい」が2~3割で上位にあがっている。「セブンイレブン」のコーヒー購入者では、「価格が安い」「味が本格的」が他の層よりやや高くなる結果に。

 

<コンビニコーヒー購入時の重視点>
コンビニコーヒー購入時に重視する点は、「味」「価格」「香り」が上位3位。以下「容量、サイズ」「コクがある」「本格的」「店舗が近くにある」が1~2割で続いた。「セブンイレブン」のコーヒー購入者では「味」と「香り」の比率が他の層よりやや高くなっている。

 

<コンビニコーヒーと一緒に買う食べ物>

 

 

コンビニコーヒーと一緒に食べ物を購入することがある人は、直近1年間購入者中の6割ほど。次いで「パン類」「お菓子・スナック類」が2~3割、「コンビニドーナツ」「ホットコーナーにある商品」が各1割強に。男性20代では「ホットコーナーにある商品」、女性20代では「お菓子・スナック類」が1位という結果になった。

 

コンビニコーヒーの不満(全4,683件)
・味の濃さやトッピングがアレンジできると更に良い。(男性35歳)
・その場では飲みにくく、持って帰る場合はカップのみで持ち帰りにくいことが多い。(男性36歳)
・珈琲を購入するシステムがチェーンごとに異なるので迷う。解りやすい説明を店内に表示して欲しい。(男性67歳)
・台数が少なく列ができたり、忙しいのに待たなければならない。(女性18歳)
・カフェインレスもラインナップに入れてほしい。(女性28歳)
・ローソンのコーヒーは店員さんが作るが、レジが混み合っているときは注文しづらい。セブンイレブンのように自分で入れるほうが気楽なので、結果的にセブンを利用することが多い。(女性36歳)
・マシンのボタンがどれを押したらいいかわかりにくい。(女性40歳)
・コーヒーマシンが清潔に保たれていない所が多い。(女性50歳)

 

今回の調査では、コンビニコーヒーを買ったことが無い人は約7%しかいなかったことも判明。気軽に寄れるコンビニでコーヒーを買う人が増えているようだ。

 

<調査概要>
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2018年1月1日(月)~1月5日(金)
回答者数:10,955名
設問数:7~9問(テーマによって異なります)
属性情報:32項目
調査機関:マイボイスコム株式会社