「もはやドラゴンボールwww」 アニメ「ドラえもん」ジャイアンVSメカジャイアンのバトルが凄かったと話題

 

2月16日のアニメ「ドラえもん」で、「ジャイアンVSメカジャイアン」というエピソードを放送。視聴者からは「これは神回だった」と反響が続出している。

 

いつものようにジャイアンにマンガやゲームを強引に奪われてしまったのび太とスネ夫。そこでのび太はドラえもんに頼んで『メカメラ』というひみつ道具を貸してもらうことに。このカメラで作りたいものの写真を撮ると、プラモデルのようなパーツが出てきて、それを組み立てればホンモノそっくりに動くメカが完成するという。

 

「ジャイアンを倒せるのはジャイアンってことだな」と、のび太とスネ夫はジャイアンの写真を撮って“メカジャイアン”を作り出した。しかしでき上がったメカジャイアンはのび太たちの命令を聞かず暴れ出してしまう。操作するためのコントロール装置を取り付けていなかったのが原因らしい。

 

そこでドラえもん、のび太、スネ夫はメカジャイアンにコントロール装置を取り付けようと試みるが、返り討ちにあってしまった。そしてメカジャイアンは他の子どもたちも襲撃。そんな暴走を続けるメカジャイアンの前に現れたのがジャイアンだった。

 

ジャイアンは「俺様の名を語っての悪行三昧。見過ごすわけにはいかねえなぁ」と、メカジャイアンと激しいバトルを繰り広げ始める。2人が取っ組み合いをするとまるでバトル漫画のように大気が震え、バトルを見守るドラえもんも「す、凄まじい…」とコメント。ネット上でも「今週すさまじいバトル回すぎるwww」「ジャイアンvsメカジャイアンってタイトルだけで面白いのに、中々のバトル繰り広げててなお面白い」「バトルの演出で雷とか衝撃波出てて、もはやドラゴンボールwww」と反響が続出した。

 

最終的にジャイアンとメカジャイアンは歌を通して友情が芽生え、デュオを組むと言い出すまでに。そしてドラえもんが「これから世界はどうなってしまうんだろう」と不安を覗かせて物語は幕引き。たまにはこんなバトル回もいいかもしれない。