「こんなに遊戯王で笑ったのは久しぶり」『遊☆戯☆王VRAINS』の切り札「聖なるバリア -ミラーフォース-」にツッコミ続出

 

2月14日にテレビアニメ「遊☆戯☆王VRAINS」第39話「闇に葬る弾丸」が放送された。この回で敵が満を持して使用したカードに、かつてないほどツッコミが続出している。

 

「LINK VRAINS」のあらゆるものを次々に飲み込み、完成へと近づくハノイの塔。タイムリミットが迫る中、ハノイの塔の完成を阻止するために塔を目指すGo鬼塚はリボルバーと対面することになった。

 

遊作や鬼塚によると、リボルバーは“恐ろしいカード”を持っているらしいかなりの使い手。しかし鬼塚もまた新たなデュエルに備えてデッキを強化しており、リボルバーに果敢にもデュエルを挑むことに。

 

デュエルが一進一退で進んでいくと、リボルバーはデュエル中盤にカードを1枚フィールドに伏せる。するとその後鬼塚が猛攻を開始し、次々にモンスターを召喚してリボルバーを追い詰めていく。だがリボルバーは意味深な余裕の表情を浮かべており、これには視聴者から「きっとあの伏せカードが凄いんだな」「リボルバーさんは恐ろしいカードを伏せているに違いない」「ミラフォかな? そんなわけないよね」「ミラフォっぽいけどさすがにミラフォはないはず」といった声が続出した。

 

そしてデュエルは佳境にさしかかり、鬼塚のモンスターのダイレクトアタックが決まればリボルバーの負けが決定となった時、リボルバーはついに「底知れぬ絶望の淵へ沈め!」と伏せたカードを発動。

 

そのカードは、原作漫画でも超初期から使われているド定番カードで、多くの視聴者の予想通り「聖なるバリア -ミラーフォース-」。効果が発動すると大迫力の演出で鬼塚のモンスターたちを一網打尽に。そしてリボルバーは高笑いを浮かべ、鬼塚は「恐ろしいカードとはミラーフォースのことだったのか!」と悔やむのだった。

 

アニメではシリアスに描かれた「ミラーフォース」の演出だが、ネット上ではツッコミが続出。「ミラフォかーい!」「やっぱりミラフォかよ!」「超有名なカードをここまで引っ張るとかwww」「ドシンプルすぎてクソ笑った」「まさかそんな古いカードが切り札とはwww」「ミラフォでどや顔してるリボルバーさんwww」「こんなに遊戯王で笑ったのは久しぶり」「めちゃめちゃメジャーで凡用なカードが来てしまった」といった声があがり、なんとTwitterで「ミラフォ」がトレンド入りする事態に。

 

懐かしのカードのまさかの活躍に沸いた今回の「遊☆戯☆王VRAINS」。今後も意外なカードが活躍するかもしれない。