木村拓哉ドラマ「BG」のロケ地を紹介! キムタクが訪れたショッピングモールとぶら下がった橋の場所は?

2月1日に木村拓哉主演ドラマ「BG~身辺警護人~」の第3話が放送された。ボディーガードをテーマにした同ドラマは、大規模な撮影をすることもあってそのロケ地に興味を示す人も多数。そこで作中で登場した印象的な場所をいくつか紹介していこう!

 

まずは木村と斎藤工が身代金1億円の護送をするためにやってきたショッピングモール。犯人からの指示を受け、木村がモール内を走り、手を上げてクルっと一回りする場面もあった。

 

 

この場所は神奈川県横浜市にある「モザイクモール港北」。2000年にオープンした大型ショッピングセンターで、放送中には多くの人が「モザイクモール港北」だと気づいたよう。ネット上では「キムタクモザイクモールに来てたのかー! 会いたかったな」「今度行ってひとりBGごっこしてこよう」「モザイクモール港北でロケしたんだね。キムタクと斎藤工の匂い残ってるかな、嗅ぎにいこうかな」といった声があがった。

 

今期のドラマでは「99.9刑事専門弁護士SEASON2」でもロケ地として使われた「モザイクモール港北」。もしかしたら、松本潤の匂いも残っているかもしれない。

 

次は第3話終盤で、木村が誘拐犯と対峙した高さ50m超の橋。橋の下は渓谷となっているが、ここで木村は犯人たちと手すり付近で激しいアクションを繰り広げた。さらに橋にぶら下がるという手に汗握るシーンも登場。

 

 

この橋は静岡県富士市にある「須津川大橋」という場所のよう。放送中には「須津川渓谷の橋じゃん!」「キムタクが地元にまで来ててびっくりした」といった声が。ちなみに「須津川大橋」ではバンジージャンプすることが可能で、滝に向かってジャンプする経験を味わえる。ドラマ内では高所恐怖症だと自称する木村が橋の高さを怖がっていたが、どれほどの高さか実感する上でもバンジーに挑戦するのは面白いかもしれない。

今、あなたにオススメ