創業355年の酒蔵がプロデュースする次世代の日本酒のカタチ!“HAKUSHIKA ICE BAR”オープン

 

白鹿ブランドを展開する辰馬本家酒造株式会社の「HAKUSHIKA ソトノミPROJECT」第5弾“HAKUSHIKA ICE BAR”が、北海道の「ICE STAR HOTEL & RESTAURANT, KIRORO」にオープン。道内初のカラフルアイスカクテルや、今まで体験したことがない(?)HOTスープカクテルを楽しむことができる。

 

「HAKUSHIKA ソトノミPROJECT」は、“オウチを出て自分を解き放ち、SAKEを楽しむ”ことを提案するプロジェクト。2017年6月にスタートし、これまで様々なイベントで“SAKE”を提供してきた。

 

今回の“HAKUSHIKA ICE BAR”は、氷をくり抜いたアイスグラスで提供されるカラフルな「SAKEアイスカクテル」や「HOTスープカクテル」が楽しめる。また、毎週金曜日には“DJ/ FUMINORI KAGAJO”の音楽に酔える「HAKUSHIKA NIGHT」も開催中。

 

 

さらに、2018年2月11日(日)まで開催されている「さっぽろ雪まつり」に“HAKUSHIKA ICE BAR”が出現。日本の冬を代表するビッグイベントで、新感覚のSAKE体験を味わうことができる。

 

 

創業355年の酒蔵・白鹿が、「氷」と「雪」の世界でプロデュースする“次世代の日本酒のカタチ”を楽しもう。
⇒「HAKUSHIKA ソトノミPROJECT」特設サイト