「きみ棲み」吉岡里帆着用の下着メーカーが明らかに! 水色ダッフルコートにも注目

現在放送中の吉岡里帆主演の火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」。吉岡、向井理、桐谷健太がおりなす奇妙な三角関係が大きな話題になっている同ドラマだが、吉岡演じる下着メーカーで働く“キョドコ”こと今日子のファッションも話題に。そこで作中で登場した注目ファッションを紹介していこう!

 

まずは、第1話から今日子が頻繁に着用している水色のダッフルコート。第2話終盤の雨に打たれてずぶ濡れになるシーンでも着ており、それ以降今日子は白いコートを着ることが多くなった。もしかしてクリーニングに出した設定なのだろうか。

こちらは「BRAHMIN(ブラーミン)」の「GRENFELL ウールダッフルコート」。値段はなんと定価で約14万円。だがそれだけあってやはり放送中は多くの女性視聴者の視線を釘付けに。「吉岡里帆がドラマで着てた水色のダッフルめちゃ欲しい」「水色のダッフル可愛かったなーどこのだろう?」「吉岡里帆の衣装のアイスブルーのダッフルコートどこのや!」と興味を示す声が続出していた。

 

続いては、第3話で今日子が下着モデルとして登場したステージで身につけていた下着。星名に命じられて無理やりステージに立つことになった今日子は大きな辱めを受けることになり、このシーンは視聴者を騒然とさせていた。また、下着姿を披露した吉岡の体を張った演技も大きな話題に。

 

 

今日子の下着は「AMO’S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」というブランドの商品。同ブランドは『きみ棲み』の下着監修と衣装協力をしている。今日子の下着にネット上では「AMO’S STYLEでこないだ買ったのに似てる~って思ったらやっぱり同じやつだった。吉岡里帆ちゃん好きだからちょっと嬉しい」といった声もあがっていた。

 

これからも可愛らしい衣装が登場すること間違い無しの『きみ棲み』。ドラマの展開ともにファッションにも注目だ。