「海月姫」で瀬戸康史が着ていたワンピースは「ZARA」? 着こなし術が参考になると話題

1月29日に芳根京子主演の月9ドラマ「海月姫」の第3話が放送された。同ドラマは衣装が重要な役割を果たすことも多く、放送中には女性視聴者から出演者が着ている衣装についての反響が多数上がっていた。そこで、特に注目を浴びていた「海月姫」第3話のファッションを紹介!

 

まずは、瀬戸康史演じる女装男子・蔵之介が、物語中盤から終盤にかけて着用していたシックなフラワー柄のワンピース。黒を基調としたこのワンピースはさまざまなアウターに合わせやすいようで、中盤には上から派手な黄色のコートを、終盤では上に明るいピンク色のコートを羽織っていた。

 

 

このワンピースは「ZARA」の「リボン付きフラワー柄ワンピース」のようで、お値段は5,990円とリーズナブル。ネット上では「瀬戸くんが着てるワンピース、ZARAで買おうとしたものだー」「海月姫の瀬戸康史の衣装って大体ZARAだよね。やっぱりZARA様々だわ。着こなしの参考にしよ」「瀬戸くんが着てる服って多分ZARAで見てかわいいと思ったやつなんだけど、やっぱりかわいい人が着ると増し増しにかわいい」といった声があがっている。

 

続いては物語最後のシーンで、ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)に喫茶店に呼び出された際に、蔵之介が着ていた個性的なニット。鮮やかな水色を基調としており、前面と背面にほどこされたVラインの装飾や肩口のフリルが可愛らしい。袖のデザインが左右で違うのもポイント。

 

 


 

この衣装は「ANNA OCTOBER」の「タートルネック セーター」で間違いなさそう。定価は6万円超えと決して安い買い物ではないため、蔵之介レベルに着こなせる自信のある人だけにおススメかも。

 

ドラマ放送中には「海月姫は瀬戸くんの女装を見るために見てる。美しい顔もさることながら、服がありえないくらいかわいい! 全部欲しいと思う」といった声があがるほど、女性も参考になる瀬戸の着こなし術。ドラマを見ていれば思わぬ発見があるかもしれない。

今、あなたにオススメ