17号の主人公感がすごい! フリーザが原作の名言をオマージュ! 「ドラゴンボール超」第125話の名言

 

1月28日にアニメ「ドラゴンボール超」第125話「威風堂々! 破壊神トッポ降臨!!」が放送された。今週も放送中はネット上で大反響が起こっていたので、特にネットを賑わせた台詞を、今週の“名言トップ3”として紹介。

 

3位 トッポ
「もう、正義はいらん。覚悟は決めた」

 

フリーザの容赦ない攻撃によって大ダメージを負ったトッポ。身にまとっているプライド・トルーパーズの制服がビリビリに破れると、フリーザから「ご自慢の正義の制服もそのザマとは」と挑発を受ける。するとトッポは正義のヒーローという肩書を捨てて、破壊神に変身したのだった。これには「正義を捨てたトッポさんかっこいい」「こだわってた正義を捨てるのか、熱い展開だな」といった声が。

 

2位 フリーザ
「お前を消す!! 吹っ飛べ!!」

 

破壊神と化したトッポに歯が立たないフリーザは、星をも破壊してしまうほどの技をトッポに放った。この台詞はおそらく、原作漫画「ドラゴンボール」で悟空に劣勢を強いられたフリーザが、星ごと破壊しようとしたときの台詞「この星を消す!」をオマージュしているものだと思われる。ファンからは「フリーザ様の名台詞が聞けた!」「フリーザの名言が聞けて満足」といった声があがった。

 

1位 人造人間17号
「まだ終わったわけじゃない。やるだけやってみるさ」

 

破壊神と化したトッポを前に打つ手がない17号。どんな攻撃をトッポに繰り出しても、トッポの纏っている破壊のエネルギーに無力化されてしまう。「何度やっても無駄だ」とトッポは17号に諦めるように勧めるが、17号は最後まで可能性を信じて上記の言葉を口に。これには「17号の主人公感ハンパない」「ドラゴンボールの主人公もう17号だろ」「17号はあらゆるヤレヤレ系主人公の集合体か? やれやれ格好良すぎるぜ」と歓喜の声が続出した。