広瀬すず主演「anone」のロケ地を紹介! 身代金の受け渡し場所、風車の印象的な海岸の場所は?

1月24日に第3話が放送された広瀬すず主演ドラマ「anone」。「映画みたい」との声も多い同作には、印象的な風景がいくつも登場。そこで、ドラマのロケ地を紹介していこう!

 

まずは広瀬演じるハリカを救うべく、田中裕子演じる亜乃音が身代金を受け渡した橋のかかった川。亜乃音は橋の上から身代金の入った封筒を河川敷に投げ込み、それを川瀬陽太演じる西海が拾っていた。

 

 

この場所はどうやら、千葉県南部を流れる「養老川」という川らしい。放送中には「anoneめっちゃ養老川じゃん」「養老川沿いだろ。これ」といった声が寄せられた。さらに「養老川の河川敷でドラマの撮影してる。広瀬すずっぽい人がいた」「養老川でドラマの撮影してたらしい。お父さんが見たと言ってる」など目撃情報も。

 

次は、第3話終盤で、西海が拳銃で自殺した風車の並ぶ海岸。何回か同ドラマで登場しているとても印象的な風景で、ネット上では「anoneの風車のロケ地どこだろう。ここで撮影したい…!」「anoneの風車のところ、誰か一緒に行きませんか」「風車の場所、すごい幻想的で素敵」といった声があがっている。

 

 

この場所は茨城県神栖市の「日川浜海岸」という説が有力。諸説あるが、ネット上でも「神栖の日川浜で広瀬すずが撮影してたんだって」「神栖っぽいー! って思ってたら本当に神栖の日川浜だった」などの反応がある。

 

ちなみに「日川浜海岸」は、映画「アウトレイジ」のロケ地として使用されたことも。やはり印象的な風車が脳に焼きついている人が多いようで、「anone」の放送中にも「アウトレイジでおぞましいシーンが撮影されたとこだ」という声もあがっていた。